無敵の男 II – マニラベイカフェ(MBC)

ボディガードのような下僕の友人がプロの格闘家とボクシング部の寒汰は、自分自身も日本古武術師範クラスに二段足りないだけの格闘の達人であった。

寒汰は2009年1月29日のエントリに自分でこう書いている。

私の流派は抜刀術、棒術、杖術、短剣と体技で..日本古武術です。心得としてやっていますが、師範格までには二段足りない

そんな寒汰に怖いものなど何もない。恐れるものなど何もないのだ。

.

今月のある日、寒汰はマニラベイカフェに居た。

もちろん飲むのはバカの一つ覚えのインスタントコーヒーである。

brewed の意味も知らないし発音もできないので、未だにマニラベイカフェにはインスタントコーヒーしかないと思い込んでいる寒汰であった。

寒汰の周囲にはいつものように女は一人も居ない。寒汰は売春婦がたむろする場所を好んで選んで座るのだが、寒汰が座った途端、必ず女たちは必死で逃げていくのだ。

寒汰が汚くて臭いのはマニラベイカフェの売春婦の間でも有名である。

誰もが、寒汰の写真を見ると「シャ、バホ!」と叫ぶ。

寒汰が連れ帰った女などは「SEXの間、ずっと息を止めてたのでつらかった。窒息死しそうだった。」と言って周囲の笑いを誘ったほどである。

女は寒汰に近づかないのはこの日も同じであったが、この日は少し様子が違った。一人の男が寒汰に近づいていったのだ。

その男とはそう、あの寝たきり男こと赤井翔である。あの寒汰に負けた唯一の男である。

寝たきり男の凄まじい伝説に関しては下記のエントリを参照いただきたい。

寝たきり男 I 

寝たきり男 II

なお、多くの方は半信半疑かもしれないが、寝たきり男は実在する。

3時間ぶっ通しのSEXも、寝たきりのままのSEXも実話である。

そして、寒汰に負けたのも…残念ながら実話である。

(詳細は上記エントリを御覧ください)

その寝たきり男赤井は寒汰に声をかけた。

「おい、寒汰。お前寒汰だろ?」

すると、寒汰はビクッとした顔をして慌てふためきながら必死で首と手をふって小走りに逃げていった

日本古武術を極めており度胸満点のはず寒汰なのに、見知らぬ男に声をかけられただけで逃げていくのである。不思議な光景であった。

あのカニ歩きの逸話を思い出すようである。ただ、残念ながらこの日のマニラベイカフェは混んでいて、寒汰がカニ歩きをするスペースはなかったようである。

しかし、あわてふためいて転がり出るようにマニラベイカフェを出ていった寒汰の姿は十分おかしく、店員も売春婦たちもそろって寒汰を嘲笑っていた。

抜刀術、棒術、杖術、短剣と体技の全てに精通し、日本古武術の師範格に近いレベルまで極め尽くした寒汰がなぜ、寝たきり男赤井翔ごときに声をかけられただけで、あわてふためいて逃げていくのであろうか。

もしかして、古武術を極めたというのもいつも通りのホラ吹きで、実は寒汰は弱っちいのではないか?と思う読者の方もいらっしゃるかもしれない。

それに対して筆者はあえて否と答えておこう。

寒汰レベルの達人になればきっと我々凡人とは考えているものが違いすぎるのだ。寒汰が慌てふためいてMBCから転がり出るように逃げ言ったのは、あえて言えば韓信の股くぐり、百戦百勝の大将軍の遠謀深慮に違いないのだ!

.

その日の夜、やはり寒汰はエダモト(仮名)で飲んだくれていた。飲むのはもちろんJINROチャムスルである。馬鹿の一つ覚えだから仕方が無い。寒汰は一つの項目に対して一種しか覚えられないのだ。

食べる魚は Lapu-Lapu だけ。そして飲む酒は JINRO チャムスルだけ。遊び場所はマニラベイカフェだけだし、遊ぶ国はフィリピンだけなのだ。

200GBのメモリを搭載している割にはメモリ空間が狭い寒汰の脳であった。

.

寒汰はJINROチャムスルをガブガブ飲みながら叫んだ。

「ゲフーーーー!やはり甲類焼酎はうまい!JINROチャムスルは最高だ。ゲヒヒヒヒ!」

寒汰は未だにJINROチャムスルが甲類焼酎ではなくリキュールだということに気づいてなかった。

寒汰は単に漢字が多い言葉を使ってかっこつけたいだけで、甲類焼酎の意味すらしらなかった。

さらに甲類焼酎は乙類焼酎より高級だと勘違いしていた。

「おい!ラプ子!俺はな、強いんだよ!何と言ってもな、俺は抜刀術、棒術、杖術、短剣と体技の全てに精通した古武術師範クラスの腕前なんだよ。俺に怖いものなどないんだよ!おい、何者でも遠慮無くかかってこい!俺は強いんだぞ!ゲヒーーーーーーーー!」

その時、エダモト(仮名)のドアがガラっと空いて一人の男が入ってきた。

そう、あの寝たきり男赤井翔である。

その姿を見て、寒汰は「ひいっ」と悲鳴をあげた。

赤井翔はつかつかと寒汰のところに寄ってきてこう言った。

「おい、こら、寒汰!てめえは今日の昼間、マニラベイカフェで俺が声をかけたのに無視しやがっただろう? どういうことだ?あーーん?」

すると、寒汰はすっかり裏返った別人のような声になってこう言った。

「ひぃいっ、す、すいません!私のハンドルネームは寒汰(さむた)でなくてサ◯タだから違うと言ったんです。ゲヒイイ!」

寒汰は地獄の底から響いてくるような低い大きな声が特徴であるが、ビビった時には営業セールスマンのわざとらしいようなか細い高い声に変わるのである。

それにしても、数秒前までの尊大な態度とは全く別人のようである。

赤井はビビる寒汰に畳み掛けるように言った。

「俺に電話するようにエダモト(仮名)のマグロ子おばちゃん(仮称)にも俺の電話番号を何度も渡しておいただろうが?なんで電話してこねえんだよ?」

「げひぃいっっ!すいません、番号のゴロが良かったんで警戒してしまいました。お許しください。ゲヒイイイイ!」

あの醜く大きな体を縮こませて米つきバッタのようにペコペコ謝る寒汰(さむた)であった。

「理由になってねえよ。ちっ。」

寝たきり男、赤井翔はまるで汚らしい物でも見るかのように寒汰を見下ろした。

「ひぃっ!今度魔尼羅に来る時には絶対に絶対に連絡しますから。どこでもお供しますから。許してください!げひぃいい!」

聞かれたわけでもないのに「絶対に連絡する」と勝手に約束する寒汰であった。

赤井翔も大人であるので、ガタガタブルブル震えている寒汰をみて可哀想になったのか、そこで会話を切り上げ店を出ていった。

.

赤井翔の姿が見えなくなると、震え上がっていた寒汰も人心地ついたようである。

そこで寒汰はラプ子の方を向き、赤井翔に対していた時のか細い声をガラっと変えて、低い大きな声でこう言い放った。

「おい、ラプ子、見たか?あのショボイ赤井という野郎は俺の威圧を恐れて逃げ帰っていったぞ。あいつは今日から俺の下僕だな。どうだ?これが古武術師範クラスの男というものだ。俺はかっこいいだろう?俺に惚れただろう?ゲヒーーーーヒヒヒヒヒッヒヒ!」

あまりの寒汰の変わり身に呆れて声もでないラプ子であった。

寒汰の日本古武術の腕前は未だ謎だが、自己記憶操作術だけは確かに達人の域に達しつつあるようだった。

.

この一部始終をみていた takashi は九官鳥のような素っ頓狂な声を上げてこう叫んでいた。

「凄い!凄い!寒汰さんは格闘技の天才だ!寒汰さんは世界一のフィリピンベテランだ!」

頭の弱い takashi の叫び声が今日も虚しく響くエダモト(仮名)食堂であった。

.

.

にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ  にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
.

.

About plastictakata
暗黒の国フィリピンやパッツン天国タイでばら撒き、自主パト、凸凹するのが趣味の57歳のオサーンです

15 Responses to 無敵の男 II – マニラベイカフェ(MBC)

  1. sarisari says:

    これはいつの話ですか? クズ親父寒汰の話は最近マニラのあちこちで耳に入ります。まあそこらの日本人の多い場所だけですけどね。

    赤井さんにびびってるのが想像できて楽しいですね。今度赤井さん主催で寒汰を囲む会ターフーかエダモトであればいいですね。

    • これは7月12日のことですね。
      寒汰はマニラで有名になりつつありますか。さすがスーパースターですねw
      まあ、日本語圏だけでしょうけどwww

      赤井さん主催の寒汰を囲む会はいいですね〜ww

  2. sarisari says:

    そういえばtakataさんから寒汰の渡航情報が入ってません。いつごろ行けばたーふーの前のテーブル席で赤井さんの靴を磨いてる寒汰に会えるんでしょうか。

    • 寒汰は赤井さんに「来月」と言っていたので、8月のどこかというのは間違い無いと思うのですが。
      ちょっとメールしますね。

      赤井さんの靴を磨きそうな寒汰ですが、そのあとでラプ子に
      「赤井に俺の靴を磨かせてやった。俺の強さの前に赤井もひれ伏したわ。ゲヒヒヒ」
      と、大声でがなる姿が想像できますw

    • Eddy says:

      久しぶりにエダモトに行きたくなりました。(笑)

      • エダモト(仮名)には寒汰が居るから絶対に行きたくないという人も多いですが、
        こういう珍劇が見れると思えば行く価値がありますねw

  3. GAGA says:

    赤井さん、会えたのかw

  4. sergeant_soksok says:

    古武術の流派の中には極度に狭い場所(屋根裏や塀と建物の隙間)で闘うため、半身どころか完全に真横向きで敵と対峙する構えがあります。
    「カニ歩き」はその鍛錬を体が覚えていて咄嗟に取った行動かも知れません。
    寒汰は本当に古武術の手練れとも考えられませんか?

    • なるほど! あのカニ歩きは古武術の動きだったのですねw
      そうですねえ、過去に古武術の手練れだった可能性もある….のですかね?w

      あのノソノソした歩きは運動神経もよさそうには見えないですけどw

      • sergeant_soksok says:

        見つけました。
        やはりカニ歩きは古武術の動きを取り入れてるようです。


        寒汰は人間凶器かも知れませんので、
        不意打ち闇討ちを食らわないようご注意下さい。

      • 拝見しました!

        これですかね。

        私自身は寒汰のカニ歩きは見てないのですが、これと同様の歩き方だとすれば要注意ですね。
        あのノソノソした寒汰が武道の達人とはにわかには信じがたいですが。

        古武術を嗜んでいる上に、いつも千枚通しを持ち歩いおり、その上人格障害者ですから
        この上ない人間凶器ですね。
        あ、人間ですらないですがw

  5. Avril says:

    先月の話ですが MBC、でサンバイザーとミニスカート姿女の子のスタッフに可愛い娘が多く Σ(゚Д゚)スゲェ!!です。早朝にビールを飲みに行きった時に女の子達が椅子に乗っかって高い所の掃除をしてスカートの中が丸見えで朝日の逆光に映え見事な絶景スポットでした。

    • MBC のウェイトレスは昔より可愛い子が増えた気がします。
      それは、きっと凹売りのレベルが下がったので、相対的に可愛く見えるのでしょうw
      私の知人で、ウェイトレスにレイプされた人もいますしw、MBC のウェイトレスやスーパーバイザーとの凸凹も極めてよく聞く話なので、
      彼女らが凹売り同然だというのもよく存じ上げています。

      それでも、逆光に映えるパンツが絶景であることには深く同意しますw

  6. Avril says:

    恐らく、ダンスをやってる女の子で筋肉質でお尻がシマって太ももが魅力的な女の子でした。なぜか、SMデパートのマッサージチェアーのマネキンの売り子のミニスカートの美女と重なって見えました。マッサージチェアーよりもマッサージチェアーのセールスをしてた女の子の方が気持ちが良さそうだったです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。