時空を超えたデザイナー – フィリピンJAPANESE CASUAL DINING「和民」開業 II

寒汰の7月7日のエントリ「フィリピンJAPANESE CASUAL DINING「和民」開業………店舗デザインもメニューも興味があります。」の内容があまりにおかしいのは既にこちらのエントリでお伝えしたとおりである。

しかし、寒汰のこの和民に関するエントリにはまだまだ突っ込みどころが山のようにあった。まずKim Joen さんの指摘をご覧頂きたい。

実は、ワタミのエントリーはもう少し突っ込み処があります。それは知人の店舗デザイナーのくだりです。寒汰さん曰く、

(以下、寒汰の文章)

亡くなった知人に、店舗デザインを手がける人が居ました。彼の生み出す店舗は業態に関わらず、多くの人で賑わい繁盛していました。

その後彼が没した後も、彼の手がけた数百の店舗は、経営者がかわりお客様の世代が変わり、子や孫と一緒に入店するお客様の代になっても繁盛しています。

そんな店舗内装と照明………空間デザインを、ワタミフードサービス株式会社の居酒屋「和民」をベースにした コンセプト『JAPANESE CASUAL DINING「和民」』に重ねて観ているのです。

こう書いても………理解してもらえませんかね?

前のエントリーはこういう意図だったという言い訳につながる部分ですが、前のエントリーが例の「どうもどうも」の麺の話なのに、

和民が出店した、そのデザインが気になる、それで書いたのだ、熱心な読者諸君はそこまで書かないと理解できないのか、といわれても理解できませんね。

一言も書いてないのだもの。

その知人の存在だって怪しいものです。

「経営者がかわりお客様の世代が変わり、子や孫と一緒に入店するお客様の代になっても」って、どのくらいの期間だか理解して書いてないでしょう。

世代が変わって昔の客が孫を連れてくるまでには20年や30年はかかると常識的には読みますね。

20年や30年前までに数百の店舗をデザインして亡くなったと言うのですから、いったい寒汰さんがいくつの時の何歳の知人だったんでしょうね。

土曜サスペンスの謎解きでももう少し現実的な設定にするものですが…。

全く Kim Joen さんの言うとおりである。どう考えてもおかしい。

小学生並みの知恵すらない寒汰には時間の計算ができないのかもしれないが、どう考えても年令の計算がなりたたない。

早い話、この「知人のデザイナー」というのは嘘なのである。

寒汰のいつもの「架空友人」なのだろう。

見え透いた嘘をついて恥をかくのは寒汰の得意技である。

この和民に関するエントリにはまださらに突っ込みどころがある。

次にいもさんの指摘を見ていただきたい。

寒汰> 我がブログの熱烈な読者君には、どうも理解が及ばなかったようです。

(寒汰は)しっかり、ここ(寒汰物語)を読んでいるようです。

そう、寒汰は「寒汰物語? なにそれ? 読んだことないよ」と言っているのだが実際は毎日ガン見している。言動不一致はもうバレバレなのだが、脳みその足りない寒汰は自分で暴露してしまっているのである。

寒汰> 居酒屋大手のワタミが、フィリピンに進出するニュースが7月4日に流れました。

7月4日とは またも NNAのニュースです。

【フィリピン】「和民」が進出、来年1号店:東南ア3カ国目、地場外食と提携[商業]-
2011年7月4日(月曜日)

http://news.nna.jp/free/news/20110704php002A.html

2011.6.28 オリジナル プレス レリース:

ワタミ株式会社(本社:東京大田区、代表取締役社長:桑原豊)の100%子会社である、

Watami International Co., Ltd.(本社:香港、代表取締役社長:鰐部慎二、

以下 Watami International)は、Creative Resto Concept,Inc

(本社:フィリピン、代表取締役社長:William A. Stelton、以下CRCI)と

2011年6月27日、フィリピンにおける居食屋「和民」に関わるフランチャイズを行うことを取り決めた開発契約を締結いたしましたので、下記の通りお知らせいたします。

プレス レリース 2011.6.28 外食 Creative Resto Concept,Incとのフィリピンにおける居食屋「和民」に関わる開発契約締結に関するお知らせ(PDF)

http://www.watami.co.jp/pdf/110628.pdf

和民側 :WATAMI International 香港、中国本土 で展開。

http://www.watami-int.net/

相手先: Bistro Group and Creative Restaurant Concepts, Inc

http://www.mybistro.com.ph/index.php/main/terms

同社の運営するファーストフード店TGI Friday’s

 

 

生ビール、ワイン、ハイネッケン、コロナなど飲めます。
これが 和民の提携先理由かも?

TGI Friday’s  Creative Resto Concept,Inc

http://www.fridays.com.ph/

 

寒汰が言うような、和民のオリジナル色あふれる海外進出ではなく、現地の企業それも TGI Friday’s を既に展開させている企業との提携の発表なのである。

まあ、そもそも寒汰は TGI Friday’s など知らないだろう。

寒汰 >新コンセプトのカッコ付き「居酒屋」

中間クラス(中級)を狙う日本食レストランと記事に書いているのに 
よく読まず(読めず)に 新スタイルの 居酒屋と勘違いしてますね。
「和民」の展開する (酒の飲める)レストランを 地元企業と組んで
1号店を インフラと顧客層が整う マカティ市辺りで 始めようという記事。

ワタミの海外展開は、2000年にスタートし、
現在は、香港・深セン・上海・台湾・シンガポール・広州で展開しております。
http://www.watami.co.jp/shop/shop.html

寒汰 >「居酒屋」という概念では、観えてきません。

コンセプトは ちゃんと「和民」のサイトで 解説されてます。

ワタミの海外展開は、「飲むだけでなく、食べるだけでなく」という新しいスタイル、
「居食屋スタイル」の展開でもあります。

例によって寒汰の勘違いである。ワタミは別に新しいコンセプトを展開するとは一言も書いていない。「中間層狙い」を勝手に「新コンセプト」と勘違いして妄想を膨らましているのである。

こういう文章読解がろくにできない、そしてあらぬ方向に勝手な妄想を膨らますのも寒汰の得意技であった。

勘違いと妄想ばかりで現実のことを10%も理解出来ない寒汰。

そんな寒汰は自分自身のことも勘違いしているので自分が博識なフィリピンベテランだと思い込んでいるのであろう。

今日も takashi の素っ頓狂な声が聞こえてきそうである。

「凄い!凄い!寒汰さんの読解力は凄い!寒汰さんは世界一のフィリピンベテランだ!」

.

.

にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ  にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
.

.

About plastictakata
暗黒の国フィリピンやパッツン天国タイでばら撒き、自主パト、凸凹するのが趣味の57歳のオサーンです

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。