フィリピン入国最大の難関

2002年3月、寒汰は暗黒の腐臭漂う JL741 便の中にいた。

寒汰はガチガチに緊張していた。なにせ生まれてはじめての海外旅行なのである。

48歳になって初めての海外旅行、英語は全くできない。タガログ語もアコとディバしか知らない寒汰の心臓は早鐘をうち、今にも口から飛び出そうであった。

寒汰は「俺は若い頃はスペインとフランスを気ままに旅行したもんさ」と吹聴していたが、もちろんそんなものはいつものホラ吹きに過ぎなかった。

海外旅行など一度もない。外国人と日本語以外で話したことも一度もない寒汰であった。

しかし、卑小な自分を極度に大きく見せたがることだけは大得意なのであった。

.

寒汰は機内でガタガタブルブル震えていた。

目の前には一枚の紙があった。

その紙とは、イミグレカード(出入国カード)。

まともな教育を受けたことのある日本人の大多数にとってはなんということもないカードである。

筆者は米国、ロシア、フランス、中国、タイ、インドネシア、ネパールなど少なからぬ国に行ったことがあるが、未だかつて出入国カードの記入に苦労する人などみたことがない

そう、フィリピン行きの便をのぞけば。

なぜかフィリピン行きには寒汰のような教育もろくに受けたことがない人間が多いのだ。

凄まじいことに彼らの英語は中学校一年生レベルにすら達していなかった。

また、語学力がないだけでなく海外渡航するなら前もって準備をするということも一切しなかった。

子供の頃から学校の予習など一度たりともしたことがないのだろう。

(※ 不思議なことだが、フィリピンに渡航する買春オヤヂは渡航先の事情を全く知らないくせに、ガイド本すら読みもしないという傾向がある。)

そんな人間なら普通は海外渡航しようと思わないものだが、日本では風俗嬢にさえ逃げられる寒汰のような人間は我慢できずにフィリピンを目指すのだった。

そんな寒汰にとってこのイミグレカードは殺人兵器にも等しい存在だった。

.

寒汰はイミグレカード(出入国カード)を目の前してもう2時間もウンウン唸っていた。

「クソッ、クソッ、クソッ、これは何だ? 俺は何を書けばいいんだ?クソッ、全然わからんぞ。ゲフーーーーー!」

某ぶん左衛門氏が指摘するように、寒汰は Name とか Passport Number という今や小学生レベルの英語すら理解できないのだろう。

次第に不機嫌になった寒汰はとうとう、大声を出してCAを呼びつけた。

嫌そうな顔をしながらやってきたCAがやってきたが、彼女に対して寒汰はこう言い放った。

「な、何だこれは!こんなのを書くのはお前らのサービスだろう!お、お前がこれ書け!ゲフーーーーーー!」

日本語が通じる相手だと極端に偉そうになる日本語圏番長が寒汰の特徴であった。

しかし、この寒汰のあまりの偉そうな物言いにCAもぶち切れた。

「お客様、これはお客様自身が書くものです。かーんたんな英語ですから子供でも書けます。お時間もまだたっぷりございます。どうぞごゆっくりご記入ください。」

そう言うと、走るように逃げさってしまった。

そして、もう寒汰がどんなに大声で叫ぼうがCAの誰一人として寒汰の席には近寄ろうとはしなかった。

.

寒汰はすっかり頭を抱えてしまった。

涙目になりながら、寒汰はイミグレカードを凝視していたが、見るだけでは一向に記入はすすまなかった。

結局、寒汰は隣の席の乗客に偉そうにイミグレカードの記入を頼むことになった。

.

これ以来、寒汰は出入国カードがトラウマになった。

2002年3月以来、毎月フィリピンに通っているのだが、何回通っても出入国カードの記載をする時になると凄まじく気分が悪くなってくるのだ。

あの程度の英語などとっとと覚えればいいのだが、寒汰のような低能な人間にとってその程度の英語はチョモランマに冬季無酸素登頂するよりも厳しい難問であっった。

寒汰は出入国カードに異常に神経をとがらせ、フィリピンの出入国カードが変更になるたびに大騒ぎした。

「大変だ!大事件だ!出入国カードが変更になった!これは世紀の大事件だ!!ゲヒーーーーーー!」

出入国カードの書式がどう変わろうが、中学生レベルの英語力のある人間なら造作もなく記入できる。だから入出国カードの書式の変更など、気にする人間など普通は居ない。

そんなものが気になるのは、低能人間の悲しさなのだろう。

そして、寒汰は JAL PAK のページの出入国カードの記入の仕方を、そのまんまそっくり自分のブログにコピーした。

(上記の写真は、寒汰ブログではなく、大元の JAL PAK ページのものです)

「ゲヒ!これで俺、出入国カードのベテランに見える!俺、凄い!俺、偉い!ゲヒーーーーーーーー!」

中学生レベルの英語のある人間なら気にする必要のない出入国カードの情報、しかも、JAL の PAK からそのまんまコピーしたブログエントリーには何の価値もないと思われる。

しかし、現実は小説よりも奇なりなのだ。なんと、この出入国カードの書き方のエントリは寒汰ブログで一番人気の記事であった。

こんなエントリが一番人気になるところに、寒汰とフィリピン嵌り人間の圧倒的なレベルの低さが見事なまでに象徴されているといえよう。

.

今日も魔尼羅の空に、takashi(仮名)の素っ頓狂な声が響いていた。

「すごい!すごい!寒汰さんは出入国カードのベテランだ!ブログ記事に出入国カードの書き方が記載されている!寒汰さんは天才だ!寒汰ブログは情報の宝庫だ!寒汰さんは最高のフィリピンベテランだ!」

About plastictakata
暗黒の国フィリピンやパッツン天国タイでばら撒き、自主パト、凸凹するのが趣味の57歳のオサーンです

35 Responses to フィリピン入国最大の難関

  1. gaga says:

    初マニラは5年前。既に飛行機には100回以上乗った経験が
    ありました。

    入国カードを書いていると隣の席のオサーンが話しかけてきました。初めての海外らしく動揺していました。私もフィリピンは初めてだというと嬉しそうに地球の歩き方を取り出しました。

    「危ないですから一緒に割り勘でレンタカーで行きましょう。この本に書いているんですから間違いないです。」

    と言われ、バクラランまでクーポンタクシーで行き、その後LRTでエルミタまで行きました。彼は翌日の国内線でピーナの追っかけに行くようで宿泊ホテルのあるLRTの駅で途中下車しました。

    面白いので話に乗っていきましたが、経済的にも時間的にも大きなロスでした。

    真顔で地球の歩き方を絶賛する姿が微笑ましかったです。

    20年前グアムに行く為に早朝成田に行きました。危なそうなオサーンとPナが沢山居て不気味でした。

    PRに乗るとシートベルト着用サインが消える前に我先にと席を離れるオサーンが多くて恥ずかしいです。

    • 地球の歩き方を持っているだけ、まだ寒汰のような「自称フィリピンベテラン(実際はど素人)」よりは遥かにましですかね。

      まあそんなオヤジに付き合ってタクシーやLRTに乗るのも人生のムダでしかないですが、
      寒汰のように実害のある人間に付き合うよりはましですかねw

      20年前のグアム行きには危なそうなオサーンとフィリピーナが大量にいたんですね。

      PRに乗る日本人オヤジは完全に日本の特殊そうですが、
      フィリピン嵌りのオヤヂたちは、いつしかそれが日本の標準だと思いこむようです。

      「日本人はシートベルト着用サインが消える前に席を立って搭乗口におしかける!マナーが悪い!それに比べてフィリピン人はマナーがよい!」
      と、ほざいているオヤヂが昔、居ました。

      結構有名な自称フィリピンベテランですw

  2. いも says:

     JALの記入例そのままなら
    寒汰の滞在先は いつもマニラ市のDusitかな?

    他の国へのパッケージツアーの人も
    ガイドブック見ながら 書いていますが
     しかし、初対面の赤の他人から頼まれたのは
    フィリピンだけですね。それも3度。

    海外旅行サイトの掲示板で書き方の質問が載るのも
    フィリピン位だと思います。
    それも カード自体にちゃんと
    Arrival Departure Card (A/D card到着出発)
    と書いてるのに
    日本語で`入出国カード`でいいもの
    いつもEDカードと記載してますね。
    (つまり参照先が日本語のものという証拠)

    Embarkation Departure card(搭乗出発 ) って
    記載してる国未だあるのかな?

    例: 出入国カードについて ~ゴトSUNのセブ島旅行情報

    `コピーして持っていきます^^`  ですって・・・

    http://cebufan.com/cebu/bbs~cebu1011.html

     セブ・マクタン国際空港の時のオッサンは
    寒汰みたいに横柄でした。

     実の親父の出国カード記入していたら
     いきなりさし出して `書いてくれ`で
    記入に必要な日本国内の住所尋ねると
    怒り出す始末・・・・

    セブ関連であったのは 入出国カードを
    事前に プリントアウトしている人。

    • あー、そのまま Dusit と書いている人、少なくなさそうですね。
      寒汰の場合はネモトの住所を書いていそうですww

      初対面の赤の他人に入出国カードを書いてくれと言われるのは、フィリピン行きでは多いみたいですねww
      他の路線ではまずないでしょうね〜。
      まあ、寒汰のような自称フィリピンベテランには人間としての最低限のモラルも誇りもないから、その程度のことは仕方ないですねw

      彼らがEDカードをやたら書く理由は、日本語情報を参照しているからだったんですねwww
      > `コピーして持っていきます^^`  ですって・・・

      あっはっはっは。入出国カードってそこまで書くのが辛いかな?
      私、いつも飛行機が着陸してターミナルに着くまでの間に、ささっと書いちゃいますけどww

      しかも、こういうオサーンに限って横柄ですよねww 寒汰といい、
      自分で何もできないのに、態度だけはありえないほど横柄ですww

      「書いてくれ」と頼んでおいて、住所を聞くと怒りだすなんてもうキチガイとしか思えないですね。
      そういうオヤジには申告欄を全部 Yes に書いてやりましょうwww

  3. 喜多 says:

    寒汰ブログの5月1日のエントリーでは,MBCの女の子と話を
    した事や寒汰の嫌いな韓国人を擁護するような事を書いていますね。
    進歩したのかな?(苦笑)

    • 喜多さん、

      実はこの寒汰がコーヒーカップの写真を MBC で取った時の話は、私にリアルタイムで報告が来てたんですwwww
      寒汰は、この時、だーーーーーーれにも話しかけられていませんww

      この前後2日も MBC に来ましたが、その時はウェイトレスが注文にすら取りにきませんでした。
      寒汰は10分ぐらい席に座った後、とてもさみしそうな顔をして出て行ったそうですww

      女の子と話をしたのはいつもの架空ストーリーでしょうねw
      韓国人擁護はまだよくわからないですね。

      今度は韓国人まで敵に回していてしまって、ビビりまくって媚を売ろうとしているのかもしれませんw

      • タイガー says:

        >この前後2日も MBC に来ましたが、その時はウェイトレスが注文にすら取りにきませんでした。

        マジっすか? あのLAカフェで?
        ある意味プロの域に達してる気がするのは私だけでしょうか。

        人の振り見て我が振り直せと言いますが、私自身も粗相のないように気をつけますww

      • マジですよw

        モーセが紅海を前にすると水が引いていったように寒汰がLAカフェに入ると一斉に皆がいなくなりますw
        ウェイトレスが注文もとりこないって異常ですよねw

        小説でもあり得ないほどの異常さですが、それが寒汰という男の真実ですね。

        タイガーさんは直接ご存じないですが、寒汰ほどの勘違いの領域になるには一種の天才wでないと無理なので
        そう簡単には近寄れない領域かと思いますw

      • gaga says:

        私はアイマスクに耳栓です。

      • 私は話しかけられたら英語で答えちゃいますねw
        オサーンたちの気まずそうな顔がたまりませんww

  4. 猫背のおやじ says:

    はじめまして。

    楽しく、また 驚きながらブログを読ませていただいております。

    寒汰という人物にもの凄く興味がわき、彼のブログ読んでみたくなり探してみたのですが どうしても見つかりません。

    どのように検索すれば見つける事が出来るのでしょうか?

    よろしくお願いいたします。

    • 寒汰本人のブログは日本語が完全に壊れているので、読むと頭がおかしくなるかもしれませんw
      それでよければお知らせしますがww

      とりあえず、メールしましたのでそちらを拝見くださいw

  5. KJ says:

    マニラはMBCがあれば事足りると豪語していた氏がフィリピン卒業宣言みたいなことを言い出しているのもこのせいですね、と言うか自分の行状のせいなのですがw

    マニラの往来は仕事関係以外の日本人と関わりたくないので英語の雑誌、新聞持参でCAも日本人には声をかけないようにしています。元々風体が怪しいので、黙って入れば日本人には見えないそうです。

    ただ成田に着くときに日本の入国カード渡さないでください(苦笑)流石にビジネスだとそれはないですが。

    あ、前回の帰国時成田で荷物待ち中に写真撮っていたら可憐な係官に「NO Picture!」と怒られましたw

    • ぶん左衛門 says:

      KJ様、それは良いアイデアですね<英語誌(紙)。
      こんどマニラに行くときに実行してみようと思います。

    • フィリピン卒業宣言はここ4,5年、ずっと言ってますよね。
      誰も友達もいないし、誰からも恐ろしく嫌われているし、フィリピンに行っても面白くないんじゃないですかw
      まあそれでも、彼にはフィリピンしかないですけどwww

      日本人に見えないのは、フィリピンでは助かりますよね。
      声をかけられたくない凄まじいオサーンばかりですからwww

      私も外見はなぜか日本人ぽくないので、寒汰のような気持ち悪いオサーンにはあまり話しかけられませんね。
      入国カードを書いてくれと言われたことがないのは、そのせいもあるのかなw

      ちなみに、日本人にも英語で話しかけられるのは、私もですwww
      仲間ですねw

    • いも says:

      >英語の雑誌、新聞持参で

       僕も 行きは  席に着く前に 棚から
      積み残しのビジネスワールド、サンスターなど
      英字紙を 勝手に 持ち出して 読んでます。

       マニラ便、特にPR431便は 搭乗しているだけでも
      なんか精神的に 疲れる路線なので その間は
      服装のへんな`痛いおじさん`を見ずに済みます。

      • > 英字紙を 勝手に 持ち出して 読んでます。

        英語の新聞、雑誌は本当によい魔除けになりますねwww

        > PR431便は 搭乗しているだけでもなんか精神的に 疲れる路線

        私は噂の PR431 便には乗ったことないのですが、搭乗口をみたことがあるのでだいたい想像がつきます。
        本当に寒汰のようなキチガイが多い飛行機では疲れますねw

  6. ぶん左衛門 says:

    寒汰氏がどうかは見たことないので分かりませんが、拙ブログに書いたお二人の入出国カードの件は間違いなく事実です。
    また僕自身も、マニラ便で隣の席のおっちゃんに記入を頼まれたことがあります・・・どうやらある年齢以上ではデフォのようですね^^;

    • ぶん左衛門さんのブログに書いていたぁゃζぃ人も凄まじいですね。
      まあ、親玉の寒汰に比べればまだまだ人間の名残が残っているんでしょうが。

      入国カードの記入を他人に頼むって恥ずかしくないんですかね?www
      自分の名前札を書いてくれと頼むようなものですよねww

  7. gaga says:

    MBCのコーヒーの事をブログで語ってましたけど、3種類あるコーヒーの中で一番安いインスタントを何故頼むのでしょうか?写真を撮るため?でも写真を撮る前日もインスタントコーヒーだったし、、、、

    ウエイトレスにチップ貰ったか聞いたら

    「No thank you ! Pangit !」

    と腕を組み、いきなり氷点下の元に放り出された様に震えていました。加齢臭について聞こうと思ったのですが、一刻も早く忘れたい嫌な事らしく逃げていきました。

    その前日にやってもらったマッサージはチップをあげたのでしょうか?日本人、いや、人間として気に掛かります。

    コーヒーカップの写真を撮った後にスタバに行っているのでMBCは節約だったのかもしれません。

    最近フィッシングベスト着てないんですよ、、、、何でかな?

    • いつもジンロチャムシルを飲んでてバカにされたので、最近はコーヒーにしているみたいですね。
      何をやるにしてもバカの一つ覚えですねwww

      ウェイトレスにチップまで拒否されるとはさすがは寒汰ですwww
      そんな客は古今東西居ないと思いますよ。
      しかし、奴は誰が見ても不細工ですよね。
      女から蛇蝎のごとく嫌われるあの風貌でモテモテ論を語るのは信じがたいです。
      いったいどこまで自分を勘違いしたら気がすむのかw

      マッサージのチップはやってないでしょうね。
      チップをやるくらいなら死んだほうがましだと考えるのが寒汰ですからねw

      10年間一度も洗ってないフィッシングベストを最近着ないのは、我々に散々バカにされているのをさすがに気にしているからだそうです。
      「あ・魔尼羅(マニラ)」(仮名)の方が教えてくれましたw

      まあ、あの異常に臭いダボダボの気持ち悪いジーンズはバカの一つ覚えでずっと履いてますけどねww
      日本でもいつもあの気持ち悪いジーンズですww

    • いも says:

      >3種類あるコーヒーの中で一番安い
      >インスタントを何故頼むのでしょうか?

       brewed coffeeと注文できないから。・・・ かも?
      コーヒーとだけ頼めば インスタント来ますもの。
      それも 店によっては スリー イン ワン。

      • なるほど!

        寒汰は brewed を発音できないから注文できないんですね!
        発音する以前に読み方も意味もわからないのかもしれないですねww
        次回のエントリでそのネタを使わせていただきますw

        three in one って知らなかったのですが、今ググりました。商標ですか..ね。
        コーヒー、ミルク、甘味料が最初から入っているものなんですね。
        (うちの会社のマイクロキッチンにさえ、そんな安物はおいてないですw )

        英語が全く出来ず、目先の金をケチることしか興味がない寒汰にはぴったりの飲み物ですねww

      • いも says:

        >次回のエントリでそのネタを使わせていただきますw
        >商標ですか..ね。

         一般名称みたいで アジア中で生産、販売されてます。
        過去 タイ王国、インドネシア、マレーシア、シンガポール。
        フィリピンだけの`痛いおじさん`は 
        フィリピンしかないと思ってますね。

        商品の表記は 3-in-1で 10パック入、30パック入など。
        フィリピン始め ネスカフェ ブランドは どこでも。

        Instant 3 in 1 coffee とかThree-In-One Coffee

        Nescafe 3 and 1 Coffee review
        http://www.reviewstream.com/reviews/?p=63164

        マレーシアの会社 Mascellent Resources Sdn. Bhd
        http://www.mascafe.com.my/our-products.asp

        タイ王国の商品
        Thai Instant Coffee 3 in 1 – 30 single serve packets

        http://www.amazon.com/Thai-Instant-Coffee-single-packets/dp/B000EWUSSS

        >ここ5年くらいは、本物のコーヒーを飲むことが普通に出来るようになっても、インスタントを出す店もあるのです。<

         上は 寒汰のブログ発言ですが
        いかに彼が 狭い範囲でしか 行動してないか判ります。
        `本物のコーヒーを飲むことが 誰でもできたのに
        私は 知らないので 飲めませんでした` ですね。

         1990年代から 既に 4つ星クラスのホテルに
        入店しているレストランなら リアル・コーヒー飲めてたし、
        マニラ首都圏に グロリアジーンズの支店できたのは
        2000年頃でしょう。(現在22店)
         この頃 マカティ市で 地元のコーヒーショップがあったし
        パサイ市でも チェーンの支店がありました。

        セブ市のボーズコーヒーの最初の店は1996年開店。
        スターバックスの進出は 2003年頃で 2004年は
        マカティの店利用してましたし、
        2005年には セブにも開店してましたね。

        Starbucks Philippines
        http://philippines.starbucks.com/en-US/_Our+Stores/

      • 返答がすっかり遅れてすいません。
        3-in-1 コーヒーの件、よくわかりました。

        フィリピンでも90年代から本格的なコーヒーはかなり飲めたんですね。

        それにしても、寒汰の行動範囲の狭さには驚くばかりですね。
        2002年から9年間、文字通り毎月フィリピンに通っているのに、本当にろくに何も見てないし気づいてないのですね。

        まあ、あの貧弱な語学力と妄想癖では仕方ないのでしょうがww

  8. gaga says:

    フィリピンってアジアで一番勘違いできないところだと思います。勘違いできれば楽しいですよね。そういう人が羨ましい。

    MBCウエイトレスの前職は外人相手のウエイトレス、教師、空港カウンター職員、現役女子大生だったりしますが、ポクポクとなんら変わりません。まあ彼女達自身に売春と恋愛の区別がないようなので仕方がありません。

    「俺の彼女は女子大生!」なんて夢見ている人が居ますが、「俺の彼女は大学に通っているポクポク」が正解です。

    でも彼女達真剣です。相手の年齢、職業、見た目、コミュニケーション能力等が眼中に無いくらい外国のパスポートに惚れてます。外国人は簡単に売春婦との縁を切るわけですが、彼女達は次の男が声を掛けてくるまで涙を流し、酒びたりの楽しい日々を送ります。

    タイあたりだと仲間ぐるみで男を嵌める演出してきますが、フィリピンは嫉妬があるのでチスミスで仲間の幸せを遮るようです。

    池の鯉に餌をやると周りを省みず我先に餌に有りつこうとします。その様を見てつい思い出し笑いしてしまいました。

    あるフィリピンベテランが「銀行員をみても売春婦に見える」と言っていましたが、果てしなくその通りだと思います。

    いい国ですね。ずっとこのままであって欲しいと思います。

    • はい、フィリピンって嫌な現実を一番見る場所だと思います。
      学芸会レベルの三文芝居で涙を流して感激できる人は羨ましいですね。
      これがタイだと玄人はだしの演技を見れるので、チップも弾む気になるんですけど。

      彼女たちは恋愛と売春の区別がついていない、というより、正確に言うと売春のやましさを「恋愛」と言い換えることで
      自分をごまかしてるんだと思いますよ。
      汚い臭いオサーンに本気で胸キュンしてるわけじゃないでしょうw
      せいぜい自分のおもちゃを他人にとられて悔しがってるレベルじゃないですかね。

      > 「俺の彼女は大学に通っているポクポク」が正解です。

      まさにその通りですねw だいたい大学に行ってるのが本当かどうか極めて怪しいケースが多いですしw

      > フィリピンは嫉妬があるのでチスミスで仲間の幸せを遮るようです。

      まさにそれが暗黒の本質ですねw
      蜘蛛の糸に群がる地獄の亡者レベルですw

      > 「銀行員をみても売春婦に見える」と言っていました

      あははは。まあうちの会社の受付嬢(大卒で、フィリピンではかなりの高給取りのはず)でさえ
      ある意味、売春婦に近いようなものですからw

      > いい国ですね。ずっとこのままであって欲しいと思います。

      寒汰のような珍獣を引き寄せる場所ですからね〜ww

  9. gaga says:

    売春と恋愛の区別に関してはありますかね。

    彼女達は「彼氏がいる時はパルパロじゃない。」って100パーセントの確率で条件付で否定してきますよwww条件付でwww

    でも「シークレット」だというと向こうからそれとなく打診してきますね。今のところ100パーセントwww日本人の30代のボーイフレンドが居てもwwwMBCで知り合ったタガログ語を操る日本に家と車を持つ日本人だそうです。オメデタイww

    挨拶代わりに凸凹する猿の種が居るそうです。挨拶、握手程度に凸凹する国がひとつ位あっても不思議は無いですね。

    • 挨拶がわりに凸凹する民族とは言い得て妙ですね。
      まあ、性のモラルがそもそも低い国の、その中の売春婦をさして「純情娘!」と叫んでいる寒汰のような人間はキチガイとしか思えないですねw

      ちなみに、今回の日本滞在中、寒汰に大迷惑を被った方から直に話を聞くことができました。
      いろいろと寒汰のネタを仕入れましたよ〜www

      貞子ーwww (意味不明)

  10. けんと says:

    英語の成績が万年2でも、入国カードの内容はかけますけどねえ・・・(タイでのやつですが)

  11. はや says:

    はやと申します。 初コメです。 よろしくお願いします。

    実は昔からplastictakataさんの密かなファンでして・・・

    次の話しを今か今かと毎日楽しみにしています。

    今後ともよろしくお願いします。

    • いやあ、すっかり遅れてしまってすいません。
      先ほどエントリを入れました。

      寒汰の豪伝説ネタは山のようにたまってるのですが、いかんせん時間がなかなかとれなくて。
      でも、なるべく頑張って書きます。

      今後もどうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。