千枚通し – LAカフェの女子高生マミ IV

寒汰の竹田氏に対する攻撃はとどまるところを知らなかった。

ネットで竹田氏に対する凄まじい罵詈雑言は続いた。

マミが竹田の子供を出産した時には寒汰は呪いのようなメッセージを竹田に送った。(※事実です)

「ゲフッ!誰の子かわからん子供が生まれて嬉しいか? やーい!売春婦の子供!ゲヒーーーー!」

どんなに悪どい人間でも、子供の誕生という場面では素直に祝福できるものだが、珍獣寒汰にはそんな人間らしい思考ができるわけもなかった。

さらに、かつてマミのことを勝手に「美少女」と気持ち悪いぐらい持ち上げておきながら、自分が全く相手にされないとわかると「売春婦」と手のひら返しで悪態をつくのはあまりに寒汰らしかった。

.

また、寒汰はその頃から、自分が連れだした女に当たり散らすようになったいた。

「クソッ、クソッ、クソッ、お前はどうして美人じゃないんだ!クソッ、クソッ、クソッ!

お前はどうして、十代じゃなくてババアなんだ。クソッ、クソッ、クソッ!ゲフー!」

「俺はスーパーヒーローなのに、どうしてこんなカスみたいな女しか来ないんだ。クソックソックソッ!」

マミは美人というほどでもなかったし、フィリピンにはそれ以上の美人の十代の娘など腐るほどいるのだが、スーパーヒーローどころかスーパーモンスターのようなあまりに気持ち悪い寒汰の風貌と異常な性格では十代どころか20代や30代の女ですら寄ってこなかった。

自分自身に問題があるのにそれを他人のせいにして怒り散らすのも寒汰の得意技であった。

(写真と本文は全く関係ありません)

どうしても美人の娘が連れ出せない寒汰は次第に「デートだけだから。SEXは絶対にしないから」と拝み倒して20代の女を連れだすようになったが、その女たちにも軒並み忌み嫌われた。

カラオケに4時間付き合わされて、寒汰の代わりに4時間謝り倒すハメになった Charlene の悲劇はこちらのエントリに書いたとおりである。

.

ところで、寒汰はいつも千枚通しを持ち歩いていた。どんな時でも肌身離さず持ち歩いていた。

それには訳があった。

寒汰は異常に頭が悪く、誰からもバカにされていた。

しかし、寒汰はバカにされるとそれを異常に恨み、その人間の住所をつきとめ、車のタイヤを千枚通しで突き刺してパンクさせるのだ。

寒汰に車をパンクさせられた人間は、東京、釧路、マニラに何人もいる。(※事実です。寒汰に恨まれている方はご注意ください。)

そんな寒汰が竹田氏やその周辺の人間の車を、寒汰がパンクさせまくったのは言うまでもない。

寒汰の竹田氏に対する嫌がらせは4年以上になり、現在でも続いている。

執念深さでは世界トップクラスの寒汰なのだ。

逆恨みで他人を数年間も攻撃し続けることは寒汰にとっては珍しくもないのだ。

しかし、さすがにそれを見かねた「あ・魔尼羅(マニラ)」(仮名)、パライソ(仮名)の元メンバーたちが竹田氏に協力し始めることは寒汰の類人猿並の脳みそでは考えつきもしなかった。

寒汰は「あ・魔尼羅(マニラ)」(仮名)メンバー、パライソ(仮名)メンバーたちにも、8年以上にわたって迷惑をかけていたのだが、寒汰はそれを全く自覚していなかったのである。

気に入らない人間がいると千枚通しで車をパンクさせる寒汰の癖も「あ・魔尼羅(マニラ)」(仮名)メンバーにはとっくにバレていたのである。

.

今日も寒汰はあの地の底から響くような気持ち悪い低い声で叫ぶ。

「ゲヒヒヒヒヒヒー!俺の気に入らない奴の車、俺の千枚通しで全部パンクさせてやる!ゲヒヒヒヒヒヒー!」

しかし、筆者は遠からぬうちに、誰かの手で寒汰の脳髄が千枚通しでパンクさせられそうな気がしてならないのである。

それが千枚通しパンク男、寒汰に対する因果応報というものではなかろうか。

( LAカフェの女子高生マミ 完)

About plastictakata
暗黒の国フィリピンやパッツン天国タイでばら撒き、自主パト、凸凹するのが趣味の57歳のオサーンです

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。