パタヤの即身仏

(本エントリは直接寒汰とは関係ありません。寒汰リークスのとあるメンバーから伺った話です)

.

数年前、私がパタヤに訪れた時、ゴーゴーバーで一人の日本人男性と出会った。

男性の名前は釈(仮名)。彼はお気に入りのバーガール、ギュリ(仮名)をそばに座らせていた。

その席にはもう一人、若くて男前な日本人男性も居た。若い日本人男性の名前はおーちゃん(仮名)。このおーちゃんはタイ語もうまかった。

つまり、席には、私、釈おじさん、ギュリ、おーちゃんの4人が居たのだが、ギュリが若くてかっこよくユーモアのセンスもありタイ語も堪能なおーちゃんに夢中なのは明らかだった。

ギュリは勝手に釈おじさんの伝票で次々にドリンクをオーダーし、おーちゃんに奢った。

しまいには、釈おじさんの財布から1000バーツ札を勝手に抜き出しておーちゃんにあげようとした。

さすがにここまでされると、おーちゃんの方が引いた。

「すいません、釈さん、お先に失礼します」

と足早に店を出ていってしまった。

.

おーちゃんが去った後、機嫌の悪くなったギュリを片目にみながら、釈おじさんはしみじみと私に語った。

「私はね、これでいいんですよ。おーちゃんは誰が見ても男前でかっこいい。若いし、人を楽しませるユーモアもある。

私は若い頃からそういうのが苦手です。ギュリがおーちゃんに夢中になるのも仕方がない。」

釈おじさんは続けた。

「私は50歳を過ぎてこのギュリにハマってる。ギュリに好かれてないのがわかってるけど、それでも毎日連れ出しています。

でもいいんですよ。こんな自分の好みの娘がお金をだす限りは一緒にいてくれる。それだけで私は十分満足です」

彼の言葉には微塵の背伸びも負け惜しみもなくごく自然だった。

私は彼のあまりに自然体な態度に大変恐れいった。プミポン国王の唱える「足るを知る」とはまさにこのこと、そして即身仏とはきっとこのような人なのだと思った。

暗黒の地、魔尼羅では不思議なほどこんな自然体の人間に出会ったことはない。タイでこその即身仏なのだろう。

.

ちなみに釈さんは50歳を超えていましたが40歳程度に見え、腹も出ていなかった。適度にオシャレなメガネ、小奇麗な襟付きのシャツに膝丈のズボンというビーチリゾートにおいて自然な格好をしていた。
どこか高貴な雰囲気があって、夜の店に出入りすることがなさそうな方には見えなかった。

後日、私がおーちゃんに再会した時、おーちゃんも、しみじみと言っていた。

「釈さんはすごい人です。人間の器が僕らとは全然違います。心から尊敬してます。」

.

暗黒都市魔尼羅にある暗黒喫茶にとある買春大好きのオヤジが毎月やって来る。

全身の脂肪が垂れ下がった気持ち悪い顔と体は57歳どころか10歳は老けて見える。

10年間一度も洗ったことがないのが自慢のフィッシングジャケットは凄まじい悪臭がしており、人間どころかネズミやゴキブリでさえ逃げ出すのではないかと思われる。

持ち込んだJINROチャムシルをガブガブ飲むが、有料のものは一切頼まず何時間でも店に居座る。

嫌がる女の体をさんざんなでまわした挙句、「食べたいものがあるならいくらでもオーダーしろ。ただし自分で払うんだな。ゲヒヒヒヒ」と下品に笑う。

女にホテルに来いと誘うが、いつも激しく断られる。そして、断られるたびに

「あの女、俺のホテルに来たくて仕方ないようだな。しかし見た目がいくらよくても、俺の好みじゃない。ホテルなんか連れていってやるもんか!ゲフーーーーーッ」

と、とんでもない負け惜しみを叫ぶ。

友人のチップはネコババし、騒動を起こしてはホテルやカラオケへの出入り禁止を何度もくらっている。

知ったかぶりばかりばかりしてる癖に「俺、知恵がありすぎる。ゲヒヒヒヒ」と嘯く。

卑小な自分をことさら大きくみせようとして醜い虚栄心をさらけ出す。

釈さんとあまりに対照的なこの男を見るたびに、私は人間の心の美しさと醜さというものについてしみじみと考えるのである。

About plastictakata
暗黒の国フィリピンやパッツン天国タイでばら撒き、自主パト、凸凹するのが趣味の57歳のオサーンです

4 Responses to パタヤの即身仏

  1. GAGA says:

    マニラでは子供のころ出かけた縁日でたこ焼きを焼いていたおじさんのようなファッションが流行っていますね。

    猿岩石が流行った後にアジアにやってきた大量の大学生が頭に白いタオルを巻いていました。タイ人に「何で日本人はあんな格好するのか?」と聞かれ、「ファーマーのファッションが流行っているから」と言い訳していました。

    フィリピンで聞かれた場合、どう答えたらいいのか悩みます。

    • ははは!東南アジアに行く日本人は、ファーマースタイルや、鉱夫スタイルが大好きですよねw

      たこ焼きおじさんのようなファッションって、寒汰みたいな汚らしい服装ですか?
      上は汚らしいランニングシャツ、下はももひきみたいな短パンなのかな?

  2. 芋洗坂係長 says:

    一か所だけ「お~ちゃん(仮名)」が「拓哉」になってますよ^^;

    それにしても釈△!!
    釈さんというよりは「釈迦さん」と呼びたいくらいですね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。