20ペソの節約で失う物 II

(下記の話は、マバホホテルのマネジメントから聞いた話です。)

.

寒汰がエダモト(仮称)に紹介した客は尽くとんでもないトラブルメーカーばかりだった。

以前のエントリで紹介したとおり、エダモト(仮称)の担当者が謝っても「謝ればすむもんじゃない」と怒鳴りちらし

金を返そうとすると「金を返せばすむもんじゃない」と、延々と怒鳴り散らした男も寒汰の紹介した男であった。(実話です)

さらに、今日紹介するのはまた別の寒汰が紹介した客である。(これも実話です)

「マバホ・ホテル」(仮名)は、マニラが誇る5つ星ホテルの一つである。

ここにある時、ねもとトラベルから紹介された男、臨界男が宿泊した。

そう、この臨界男とはあの寒汰が紹介した客なのだった。

臨界男はホテルの部屋を恐ろしく汚く荒らし回ったあげく、その連れの女が部屋で髪を染めたらしく、シーツもバスタオルも台無しになってしまった。

当然、ホテルは客にシーツ代、バスタオル代を請求した。

すると、臨界男はかんかんに怒り出したのである。

「俺は、ホテル代を数千ペソも払った。だから俺は何があってもこれ以上、20ペソでも余分に払わねえぞ!」

ホテル代が何千ペソだろうが、ホテルの備品をダメにしたらその分支払いをするのは常識ある大人としては当然である。

どう考えてもホテルの請求は正当だと思うのだが、それを詐欺呼ばわりする人間は脳みそが臨界状態だとしか思えない。

.

この臨界男は、ホテルとエダモト(仮称)トラベルの両方に嫌がらせのような抗議を執拗に行った。

何度も何度も、営業妨害かと思うほど電話攻撃をしたそうだ。

そして、マバホホテルのマネージャーはとうとう決断した。

「この臨海男はうちのフロントに出入り禁止の登録しとけ。エダモトにもこの客の評価トリプルCで送りかえしとけ!」

さすがは寒汰の友達、臨界男、マバホホテルの出入り禁止となった。

類は友を呼ぶというものであろうか。

.

それにしてもマニラはさすがに暗黒都市である。

5スターホテルといえど、さ日本で大倉や帝国などに泊まることのない臨界男のような人間が客層なのだ。

だから想像を絶するトラブルが数多くあり、苦労が絶えないそうだ。

そもそも、仮にも5スターのホテルに泊まるからには、金だけでなく客にそれなりの品格が求められるのである。

バスタオルやシーツを台無しにするような非常識な女を連れ込むこと自体おかしいし、万一シーツやタオルを台無しにしたら気持よく払うのが5スターホテルの客としてのマナーである。

出入り禁止になるまでごねて弁償額をケチるような客は客ではない。

臨界男や寒汰のように、20ペソ単位でケチる客は、たった20ペソと引換にもっと大きな何かを失っていることに気がつかないようなのである。

.

なお、エダモト(仮称)トラベルでは、今や寒汰が客を紹介するたびに担当者は顔が真っ青になるそうだ。

寒汰がこれまでに紹介した客でエダモト(仮称)トラベルは大損害をうけている。

しかし、寒汰の押し付けがましい紹介を断ると寒汰本人の執拗な嫌がらせを受けてさらに損害を受けることになるので、泣く泣く引き受けているのが現状だそうだ。

(20ペソの節約で失う物 完)

About plastictakata
暗黒の国フィリピンやパッツン天国タイでばら撒き、自主パト、凸凹するのが趣味の57歳のオサーンです

2 Responses to 20ペソの節約で失う物 II

  1. sarisari says:

    東京の5スターにも泊まりましたがしょぼかったです。

    マニラの5スターなんて1万円ちょっとである。 ソウルのビジネスホテルと同じ値段客層はもっとひどい 。

    寒汰は爪弾きにすべきだけどこれはマニラホテルでの事?

    大したホテルでもないし従業員も全然たいしたこと無いのにちょっと良いところで働いてると思って調子に乗ってるのが結構いる。あまり日本語がつうじなそうなホテルでそれだけ自己主張できるのは立派。

    寒汰じゃエダモトと日本語の通じるKTV以外ではおとなしいもんでしょ。

    • 東京の5スターもいろいろですねえ。
      私もホテルはいろいろ泊まりましたが、最近意外と印象がよかったのは汐留のロイヤルパークですかね(5つ星ではないんでしたっけ?)
      渋谷のセルリアン、六本木のグランドハイアットもまあよかったです。
      ま、私の場合は仕事で泊まるので、ほとんど寝に帰るだけであまりホテルを使い切っているとは言えないですが。

      東京以外では、横浜のパンパシフィックホテルをラブホがわりによく使いましたけどw
      ホテル自体はまあともかく、時間が遅くなると周囲にろくなレストランが無いのが問題でしたね。

      マニラの5つ星は私はマカティのシャングリ・ラしか泊まったことないですね。
      マンダリン・オリエンタルもよく泊まりましたが、5つ星ではなかったと思いますし。
      今回、寒汰の友だちが泊まったマバホホテルは私自身は泊まったことないんですよね。
      ただ、マニラホテルより落ちるのは確かだと思います。

      > マニラの5スターなんて1万円ちょっとである。

      だから、寒汰やその仲間みたいなショボイ客が泊まるんでしょうw
      マニラの5つ星はホテルのグレードも落ちるけど、客層はもっと落ちるみたいですね〜。
      マバホホテルは、今調べたら一番安い部屋が一泊1万3千円でした。

      > 大したホテルでもないし従業員も全然たいしたこと無いのにちょっと良いところで働いてると思って調子に乗ってるのが結構いる。

      それ、よく聞きますね。私自身は特に嫌な思いをしたことはないのであまりそういう印象がないですが。
      シャングリ・ラに汚いサンダル履きの売春婦を連れ込んで一階のカフェでお茶をした時は、あのロングスカートのウェイトレスにとても嫌そうな顔をされましたが、それは人間として正しい反応だと思いますしw

      話がそれましたが、寒汰やその友達みたいなのがホテルにとって迷惑なことには変りないわけでw

      > あまり日本語がつうじなそうなホテルでそれだけ自己主張できるのは立派。

      うーん。寒汰クラスならともかく、普通に海外旅行する人ならホテルへの抗議くらい英語でなら誰でもできませんか?
      まあ、英語が全くできない寒汰の友達にしたら立派かもしれないですねww

      > 寒汰じゃエダモトと日本語の通じるKTV以外ではおとなしいもんでしょ。

      そうですね、寒汰は日本語環境から30分以上離れたところでは息もできないですからwww

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。