正義の味方の友達

寒汰は自分のことをよく「正義の味方」と呼んでいた。

未曽有の震災、東日本大震災が起こった後、人助けをするどころか真っ先にフィリピンに逃げてきた寒汰。

毎日買春をしているのに加えて、最近では義援金詐欺まで行っている寒汰のどこが「正義の味方」なのか、常人には理解しがたいのだが、

やはりスーパーヒーローには一般人には理解出来ない崇高な考えがあるのだろう。

なお、筆者や寒汰リークスメンバーが意見が一致したところは以下の三点である。

  • 自分で「正義」とか「正義の味方」という善人はいない
  • 非常時こそ人間の本性が分かる
  • 非常時に真っ先に逃げ出す奴は友人としても人間としても信用できない。付き合いたいと思わない

なお、常軌を逸した「正義の味方」寒汰は、エダモト(仮称)トラベルにも数々の破壊工作を行っていた。

寒汰が紹介する客は尽く凄まじい迷惑客で、エダモト(仮称)トラベルは寒汰が誰かを連れてくるたびに大損をしていた。

本日もそんな寒汰が紹介した迷惑客についいてとりあげたい。

.

リストランテ「ぼんやり味」(仮名)経営 土屋氏(仮名)

土屋はレストランチェーン「ぼんやり味」の経営者である。

寒汰の紹介でエダモト(仮称)トラベルを経由して5つ星のマバホホテルに宿泊するようになった。

なぜ、わざわざエダモト(仮称)トラベルを経由して、ホテルの予約するのか筆者には大きな謎だったのだが、どうもフィリピンに通うフィリピンベテランの大半が自分ではホテルの予約すらできない、凄まじい語学力の持ち主たちであるのが理由のようだ。

なお、Agoda が日本語インタフェースを備えたことは、彼らにとって世界の三大発明より大きな革命的事件だったと言われる。

.

マバホホテルでは朝食に和定食付、ビュッフェ付等選べるのだが、土屋は和定食で予約していた。しかし、当日になってビュッフェの席に座ったので、ウェイトレスに和定食の場所はそこではないことを指摘された。

すると土屋は激怒した。土屋や英語にならない英語で怒鳴り散らしはじめ、レストランは騒然となった。

そこで、日本語が話せるマネージャーが呼ばれてやってきた。

マネージャーは平身低頭に土屋にも分かるように丁寧に日本語で説明した。

すると、あろうことか、土屋はそのマネージャーの頭を殴打した。

信じられない凶行である。土屋は普段、部下に味音痴をばかにされて、よほどストレスがたまっているのだろうか。

.

なお、土屋はどうも友だちが全く居ないらしく、いつ見ても一人で食事をしているそうだ。

友達がいない理由を聞かれたらきっとこう言うのだろう。「我、群居せず」

群れないことと、友達がいないことは全然違うのだが。

ブルサマール自動車(仮名)勤務 キムチ悪央(わるお)

悪央(わるお)は、世界に冠たるブルサマール自動車に勤務する男である。

(※ プルトニウム(Pu)「プ」ではなく犬の Bull の「ブ」である。また温度の形容詞であるサーマル thermal ではなく、Samar 島のサマールである。英語や中学生レベルの物理を少しでも知っていれば絶対に間違うわけがない。しかし知ったかぶりをして偉そうに原子炉を語る寒汰の友人、悪央が勤務するのはプルサーマルではなくブルサマール自動車なのであった。)

悪央は身につけているものから金回りがいいと思われるのだが、それでも外見が異常に気持ち悪い

やはり異常に臭くて気持ち悪い寒汰に紹介されてくるだけのことはある。

エダモト(仮称)に訪れる人間も皆、寒汰と親しげに話している人間には気持ち悪い人間の率が異常に高いと話している。

.

この悪央は、ホテル内でも大声で怒鳴り散らすことが多かった。だからホテルの従業員も嫌でも悪央がどんな人間か分かってしまう。

そんな悪央の口癖はこうだった。

マニラで女を買うのは千ペソで十分だ!

さすが、寒汰の友達である。

年収が3千4百万円(本当はその半分にも満たない)もあると豪語するくせに、20ペソ単位で女に値引きを迫る寒汰に近い精神性を持っているようだ。

何ペソで女を買おうが個人の自由だが、それをホテル内に響き渡るような声で何度も叫ぶのは狂っているとしか思えない。

また、この悪央は他人や女に対する気遣いが全くなく、ホテルに連れ込まれた女は皆ゴキブリを丸ごと飲み込んでしまった直後のような悲惨な表情を浮かべているそうだ。

.

さて、マバホホテル内には有名なレストラン、バッカナーレ(仮名)で事件は起こった。

なお、バッカナーレは The best restaurants in the Philippines (そういう Award があるのは筆者は知らなかったが)にも選ばれたことのある高級店である。

そこに悪央が怒鳴りこんだ。

「俺、下痢になった。このレストランの水のせいだ!」

それを聞いたマネージャー、普段から悪央の悪質な振るまいによほど嫌気がさしていたのだろう、きっぱりとこう言った。

「誠に申し訳御座いません。キムチ悪央様は非常に重要なお方だとお伺いしておりまして粗相があってはいけないと思い、

特別にエビアンで氷を作る様、指示しておりました。やはり氷が原因なのでしょう…. 申し訳御座いません。」

すると、悪央は照れ笑いを浮かべながらこう言った。

お腹の痛いの治っちゃった!

おおかた、レストランのせいにして憂さ晴らししようとでも思っていたのであろう。

.

このように、寒汰がエダモト(仮称)トラベルに紹介した客は尽く騒動を起こし、ホテルやエダモト(仮称)に迷惑をかけている。

しかし、寒汰は今日もネモトにて無銭飲食を行いながらこういうのだった。

「ゲフーーーーー!エダモト(仮称)が大きくなったのは俺のお陰だ。俺、正義の味方! 俺、偉い!ゲヒヒヒヒ。」

マグロ子おばちゃん(仮称)のため息も日々深くなるばかりである。

(完)

About plastictakata
暗黒の国フィリピンやパッツン天国タイでばら撒き、自主パト、凸凹するのが趣味の57歳のオサーンです

6 Responses to 正義の味方の友達

  1. 芋洗坂係長 says:

    「正義」を語る善人はサンデル教授だけでしょう。
    まあ教授ですら「正義の味方」とは自称しませんがwww

    • はい、自分で「正義の味方」と名乗るは、後にも先にも寒汰しか見たことがありません。
      ちなみに、寒汰は凄まじい悪人顔をしてます。
      あの顔で「正義の味方」と言われても。

      ホテルのフロントでくすねてきたチョコレートをもらったら正義の味方と思えるのかな?w

  2. GAGA says:

    遊びでおね-ちゃんにサクランボを舌先で舐めさせて遊んでいました。あまりの巧さに「ワオ!ベテラン!」と賞賛した瞬間に近くにいたおねーちゃんが「エキスパート!」と叫びました。

    「エキスパート=ベテラン」のような感じです。

    LAがオープンした1999年からそこに住み着いているような女に

    「ベテランディバ?」

    と聞くと猛烈に否定します。フィリピン買春界においてベテランであることは恥ずかしいことのようですが、常連客の一部に自らを喜んでベテランと呼ぶ方もいるようです。

    嘘つきは自分が嘘つきだと知っているので如何に嘘つきではないかを力説します。

    自称ベテランは自分が全然フィリピンの事を知らない事を理解していてそれが恥ずかしいので一生懸命知ったかぶりをします。

    裁判位ならタガログ語、英語でこなせるような人は何故か寒汰ブログを知りません。ファミレスが不味く汚くなったようなレストラン情報も知りません。そういう人に限って「低次元な物と関わるほど暇じゃないんだよね」が口癖だったりします。

    仕事で外国企業から商品情報を買うことになった事があります。社長いわく

    「少人数でその国の何が分かるんだ?ニュースの特派員とか偉そうにいっていたってロイターとかから情報買ってるだけだ」

    と言っていました。

    • 技巧が優れているだけなら、veteran とは言いませんね。
      veteran は、熟練の技使い的なニュアンスですから。

      特に、新しさが売り物の売春婦に「ベテラン」は禁物でしょうw
      春をひさぐこと20年で、バキュームも三段締めも意のままにこなし、あそこでタバコをふかすくらいも朝飯前のおねえさまがいらっしゃれば、それは veteran というのに相応しいです。
      99年からLAに住み着いている女に veteran とは、当たりすぎていて失礼ですねww

      仰るとおり、自称フィリベテランは、内心自分が全く何も知らなのが分かってるから
      過剰にいばるし、もったいぶるし、知ったかぶりするのでしょう。
      本当によく知っている人ほど謙虚なものですからね〜w

      在住者でも本当に現地のことをよく知っている人はなぜか寒汰のことを知りませんよね。
      寒汰が無名なんておかしいですよね。
      フィリピン買春界きってのスーパースターのはずなのにww

      イミグレカードの書き方とか、豚に食わせる餌ぐらいまずいレストランの話とか
      寒汰のブログには有用な情報がいっぱいなのに、おかしいですね〜w

      「低次元な物と関わるほど暇じゃないんだよね」
      あれだけトラブルを起こしている寒汰がいまだに刺されていないのは、ここにポイントがあるのだろうと思いますww

  3. タイガー says:

    仕事柄いろんな日本人や少数の海外の人間にも接しますが、記事に掲載されているような人に会ったことがありません。まだまだ、私の経験不足であり、青2才であると反省する次第でございます。

    人の器や心とは経験に比例すると効いたことがあります。私の使命として彼らと接し、こちらでご報告させて頂くことが出来ることをお約束しますw

    • 寒汰のような人間は、遠くで見て笑いの対象とする分には面白いですが
      一旦関わるとなると臭いですし見た目も気持ち悪い。何よりもトラブルに巻き込まれる可能性があるので危険です。
      まだお会いしことがないなら、それに越したことがありません。

      でも、もし寒汰クラスの気持ち悪いオサーンに会うことがあればぜひこちらでお知らせください。
      大変楽しみにしております。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。