50ペソのラーメン II

自称フィリピンベテランのように頭が腐った人間スーパースターたちが来ない店、ターフーは今日も賑わっていた。

ターフー(仮名)は、ジョージ凹ボにある実在の居酒屋である。

仕事上がりのフィリピン警察官、米国大使館員、現役の総合格闘技でもやってそうなコケイジャンなどの客が多いのも、自称フィリピンベテランが寄り付かない理由だろう。

彼らは日本語が通じない環境にはめったに来ないのである。

それもあって、マニラ在住の本物のベテランたちは、この店で安心して楽しめるのである。

今日も皆が楽しく飲んでいた。

この日の話題は寒汰であった。

ネットの某所で公開された寒汰の写真を見ながら、在住者たちは品評していた。

「こいつ、気持ち悪いよ」

「この顔とこんな服はマニラにゃ居ないよ?どう考えてもかけらもモテナイもん。いくらなんでも、こんな見るからにモテませんって格好じゃマニラの道を歩くのも恥ずかしいよ。」

「こいつ、自称魔尼羅の有名人だって?俺らの間では誰一人として見たことないけどなあ。ここまでショボイ奴が居たら記憶に残るしなあ。」

「何?これがこいつのブログ? 魔尼羅・盗撮バージンだって?タイトルからして笑えるな。なんだこの中身。全部どっか他人の話を切り貼りしてるだけじゃん。こういう奴よくいるよ。」

「ネット番長って奴だろ。ネットで初心者相手にだけ強気。自分の化けの皮が剥がれるから絶対に初心者以外とは話しない。もっともこんな奴、俺らの誰も相手にしないけどな。あっはっはっは。」

凄まじいファッションセンスに加え、長年の意地汚い行動が姿にはっきりと現れた寒汰の姿は、本物のフィリピンベテランからも酷評大絶賛されていた。

そんな時、ガラっとドアがあき、店内に何やら凄まじい悪臭が流れこんできた。

.

その男、写真の寒汰とは違った外見であったが、何やら寒汰を思わせる瘴気をまとっていた。

見るからに陰気で鬱蒼とした粗大ゴミが大量に捨てられてる雑木林を思い出させるような顔である。

男は、苦虫を噛み潰したような顔をしていたが、そのままニコリともせずに、ターフーの店主に怒鳴った。

雑木林男「ラーメン食べたいんだけど、いくら?」

店主「醤油ラーメンで180ペソです」

雑木林男「高いな。なんでそんなに高いんだよ。何で50ペソじゃないんだよ」

店に居た客は冗談かと思ったが、どうやら雑木林男は本気のようだった。

そして、次に雑木林男は信じられない言葉を吐くのである。

「フィリピンのラーメンは50ペソってフィリピーナが日本で言ってたぞ。」

店にいる日本語がわかる人間は全員が絶句した。

50ペソというのはコンビニでカップラーメン(マミー)すら買えない値段である。きちんとした店で出すラーメンの値段では到底ない。

この雑木林男はカップラーメンときちんとしたラーメンの区別もついていないのだ。

おそらく、フィリピンパブの女が適当にいう話を鵜呑みにしてきたのだろう。

さらにこの男、目の前のはっきりした現実を見てもそれが理解できないのだ。

そう、自称フィリピンベテランたちは事実を認識する能力に致命的な欠陥を抱えている。

その辺で適当に聞いたホラ話は信じるくせに、目の前ではっきりと見える事実は信じられないのだ。

文明人としてありえない能力を持っているのだ。

しかし、これはまだジャブであった。この男が次に放った言葉には店の温度は絶対零度にまで下がった。

「じゃあ量を少なくして50ペソにして食わせろ

.

これを聞いて、さすがの筆者も、なんともコメントのしようがなかった。

ドケチ狂人寒汰は、KTV(フィリピンパブ形式の店)で「フルーツを出せ。量を1/4にする代わりに値段を1/3にしろ」と言い放ったのは有名である。

指名した女が席を離れている時間をストップウォッチで計り、その分の値引きを要求したり、友達のチップをネコババするくらいの異常なドケチ根性の寒汰だから、それくらいは言っても周囲はもう驚かない。

しかし、寒汰以外の男がそんなことを言うと想像もしてなかった。

寒汰研究が長い筆者でさえそうなのだから、寒汰を知らないこのターフー(仮名)に居た客たちは腰を抜かさんばかりに驚いたことは想像に難くない。

いやはや、さすがフィリピンである。寒汰は別格としても、その亜種級のドケチ、勘違い男の観察もできるようである。

.

ちなみに、この後、近所のKTV(フィリピンパブ形式の店)の女の子がラーメンを食べに来た。

そんなにお金を持っているとも思えない女の子である。180ペソのラーメンは彼女にとっては、きっと高い食べ物である。

しかし彼女は先払いでちゃんと180ペソ払って食べていった。

間違っても値切ったりしなかった。

普段、フィリピン人の民度の低さ、暗黒の心を揶揄する筆者であるが、この話を聞いた時ばかりはフィリピン人の高潔さを知った気分になった。

少なくとも寒汰やこの雑木林男のような腐った人間よりは、フィリピン人のカラオケ嬢の方が遥かに真っ当な人間であることは間違いがないと思えるのである。

(50ペソのラーメン 完)

※ 本エントリは、マニラのジョージ凹ボにある実在の店、ターフー(仮名)で数日前に起きた事件を元にしています。

About plastictakata
暗黒の国フィリピンやパッツン天国タイでばら撒き、自主パト、凸凹するのが趣味の57歳のオサーンです

10 Responses to 50ペソのラーメン II

  1. gaga says:

    日本人店主がカウンターの中で調理している居酒屋です。

    先日初めて行きましたが、日本で仕事帰りに一杯やって帰る居酒屋のようなざっくばらんとした雰囲気です。値段もリーズナブルなので初心者さんからベテランさんまで1人で行っても楽しく飲めると思います。(一部自称ベテラン除く)

    知人がラーメンが美味しいと言ったので食べました。美味しかったです。180ペソだったのでマニラでは安いなと思ったんですが、「高いな、なんで50ペソじゃないんだ。」の発言を聞いた時、常連さんの冗談かと思いました。でも周りが凍り付いていました。

    日本から飛行機でたったの4時間なのになぜか「とてつもなく遠くまで来てしまった。」気分になった瞬間でした。

    • ターフー(仮名)情報、ありがとうございました。

      はい、ラーメンが180ペソはかなり安いほうだと私も思います。

      フィリピンは本当に不思議な国ですね。常識から地球100個分くらい離れた場所にあるきがします。
      自称フィリピンベテランを抹殺したらかなり良くなる気もしますがw

  2. joe says:

    雑木林男!寒汰の身内の方ですか?(笑)

    ちょっと信じがたい伝説が多すぎですね。

    • 信じがたいですが、コメントしてくれてるGAGAさんの目の前で
      数日前に起こったことですよ。
      joe さんならターフー(仮称)がどこかわかるのでは?
      ビッグタイガー(仮称)と言ったほうが分かりやすいかもしれませんが。
      (私は知りませんでした)

      雑木林男は寒汰の身内かどうかは不明ですが、
      彼のキチガイブログに影響された人間かもしれませんね。

      こんな素敵な人間が生で見れるのも魔尼羅の素晴らしいところですねww

  3. joe says:

    そうそう、クロックスには冬用もあるんですけどね。確かマンモスって言ったかな。

    コミュニティーが出て来ても全部片っ端から荒らして壊す馬鹿も居ますけどね。

    • 冬用があるんですね!それは知りませんでした。
      エントリ本文もちょっと変えさせてもらいました。

      コミュニティ、寒汰が壊したのっていくつありますかね。
      「あ・魔尼羅(マニラ)」(仮称)、パライソ(仮称)、マラテクラブ(仮称)、
      2ちゃんねるも寒汰が荒らしまくってるみたいですしね..

      ま、お仕置きの日も遠くないですよ。

  4. Jwalker says:

    げっ ?ターフーでそんなことがあったんですか?店主の反応がみたい(ぎゃははは)

    あそこの味噌ラーメンおいしいですよね。

    • おお、ターフー(仮称)がわかるとはやりますね。
      ターフーは紹介すると寒汰がやって来る可能性があるので
      わざと少し分かりにくい仮称をつけてたんですよ。

      味噌ラーメン美味しいんですね。私自身は行ったことがないので
      一度行ってみたいですね。
      もちろん、カメラ持参でww

  5. gaga says:

    社長は立派でしたよ。もう一言でキレルとこでしたけど、、、、

    あれ以降両隣のKTVのおねーちゃん達と一緒に塩まきをしるようになったとかならないとか、、、、

    レバー串もマジ美味いですよね、、、、たったの50ペソ。

    雑木林男さん、レバー串ならご予算の50ペソですから!

    フィリピン人が道端で売ってるカリカリレバーは20ペソだぞなんて無粋なことは言わずに食べに来てくださいな。カメラ持参で会いに行きますから!

    • ははは、雑木林男でなくて寒汰だったら店に居た人間が全員ぶち切れてそうですねw

      ターフーだけでなく、両隣のKTVにも行ってみたいですw
      寒汰とか雑木林男という共通の話題があればすぐに仲良くなれそうですしw

      20ペソの道端のカリカリレバーって雲虎の味がしませんか?
      口に入ればなんでも構わない寒汰ならそんな味の差なんて気にしないんでしょうけどww

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。