寒汰は実在の人物

この寒汰物語に関して、質問が寄せられることがあります。

「どこまで本当の話なのか?」「寒汰は架空の人物なのか?」

寒汰のあまりに異常な言動ゆえに寒汰は架空の人物だと思ってらっしゃる方も少なくないようです。

しかし、残念ながら、寒汰(仮名)は実在の人物です。

そして以下のいずれも事実です。

  • 2002年から8年以上、毎月フィリピンに通っているが、いまだに英語は全くできず、タガログ語もほとんどできない。(TOSHIYAさん初め多くの証言者あり)
  • 日本語が話せる付き添いの人間がいないと、いまだにマニラ、アンヘレス以外には行けない。(TOSHIYAさん初め多くの証言者あり)
  • 凄まじいケチで、カラオケ(KTV)でも「フルーツの量は1/4でいいから値段を1/3にしろ」とごねた過去がある(寒汰本人がブログで書いている。解説に関してはこちらを参照。)
  • 自分の店の従業員が携帯電話の充電をしようとしたら「電気代がもったいない。金を払え」と怒りだした(寒汰本人がブログで書いている)
  • アトリウムホテルでセキュリティ(ガードマン)に因縁をつけて大騒ぎをおこし、アトリウムホテル出入り禁止第一号になった。(アトリウムホテルのスタッフ、セキュリティの証言あり。詳細はこちらを参照。)
  • ホモであり、弱った時にはオネエ言葉になる。酔っ払った時には「あ・魔尼羅(マニラ)」(仮称)メンバーやTOSHIYAさんを襲おうとした。(襲われた人間たちの証言あり。詳細はこちらを参照。)
  • 日本人女性には全くもてない。昔通っていたキャバクラでは「気持ち悪い」と、キャバ嬢全員に席に付くのを嫌がられていた。しかし本人はそれに全く気づかず執拗にキャバクラ通いをしていた。 (北海道某所のキャバ嬢の証言あり)
  • 根拠なく他人の誹謗中傷を書き、寒汰のせいで仕事を失った人間がいるが、寒汰はいまだに一言も謝っていない。(被害者は私の直接の知り合いです)
  • パサイの日本食料理店エダモト(仮称)に壊れたウォッシュレットを持ってきて、恩着せがましく「エダモト(仮称)が大きくなったのは俺のお陰だ」と嘯いている。(複数の人間の証言あり。詳細はこちらを参照。)
  • 寒汰が自分のブログに書いている情報のほとんどは、妄想勘違いか、他人の情報のコピペである。自分が行ったこともない店の地図や写真を掲載して、さも自分が行ったことがあるかのように書くのである。(「あ・魔尼羅(マニラ)」(仮称)関係者初め多くの方の証言あり)
  • ネットで自作自演の荒らし行為を繰り返し行っていたが、ドメイン名がはっきり出ていたので一目瞭然でバレた。すると「困った。俺、頭を抱えてしまった」と慌てふためいたあげく、「そうだ!IPアドレスが改ざんされたんだ!」と、子供でもつかないような大嘘をつき、関係者の失笑を買った。(寒汰本人のブログ記述、過去のネット掲示板の記録、関係者多数の証言あり。詳細はこちらを参照)
  • Sさんという方にブログの間違いを指摘をされて、逆切れした寒汰は、Sさんに対して悪質な犯罪行為を行った。(Sさんの証言あり)

他にも、寒汰が他人に行っている犯罪行為を複数聞いています。私も最初聞いた時、寒汰(さむた)はこんな犯罪まで行っていたのか、とびっくりしました。

.

当ブログ「寒汰物語」では、基本的には事実の寒汰(仮名)のエピソードを元にしています。

絶対にありえないようなエピソードも多いのですが、筆者の創作ではありません。いずれも寒汰が引き起こした本当の事件です。

いや、むしろ本物の寒汰が行っている言動はこの寒汰物語で書いているより、もっと異常なものだと言ってよいかもしれません。

寒汰のエピソードを関係者から聞けば聞くほど、まさに事実は小説より奇なり、と筆者は感じている毎日です。

寒汰の異常性をまだ自分の目で見てない方には信じられないでしょうが、寒汰の異常な行動は事実です。

もし事実でなければ、デバンガーZさん、いもさん、GAGAさんなど寒汰を直接、間接的に知る多くの方が寒汰のおかしさをコメント欄で証言してくださっています。

寒汰の異常性は、自分自身、あるいはごく身近な人間が被害にあえばよくわかります。

こういう私自身、自分が被害にあうまでは、彼がそこまで狂った人間だとは実感していませんでした。

ともあれ「寒汰物語」は実在の寒汰の常軌を逸した言動を、面白おかしく肉付けして書かせていただいていますが、これは架空の物語なのではなく、実在の人物、寒汰(仮名)がベースなのだということを念頭に置いて読んでいただければさらにお楽しみいただけるかもしれません。

About plastictakata
暗黒の国フィリピンやパッツン天国タイでばら撒き、自主パト、凸凹するのが趣味の57歳のオサーンです

2 Responses to 寒汰は実在の人物

  1. gaga says:

    某レストランのウエイトレスの顔が傷ついていました。どうしたのか聞くとホールドアップでやられたという。

    自称独身で子供なしのなかなかの素材。興奮してタガログ語で同僚に話していた。私はタガログ語は全く分からないが、アサワコくらいは理解できた。

    「お前、旦那いるのか?」

    「オー(ナイフで身体の前後をナイフで刺される格好をした)」

    夫婦でやられたようだ。相手は男4人に女2人だったらしい。

    「旦那がいるのに何故子供いないんだ?」

    「ピルス」

    「何故?」

    「ノーコンドーム、マサラップ ディバ?」

    彼女は耳元で囁いた。

    「お前助平だな」

    彼女は再度耳元で囁いた。

    「DO YOU WANT ME?」

    ここで首を縦に振ったら旦那のいる女に生中田氏しなきゃならないと思った。

      

    上記の文章なら100人中99人が「ある、ある、ある。当たり前すぎて読みたくもない」と納得すると思う。当然ですが自慢でも何でもなく日常の事実です。

    寒汰物語は普通の日本人には「ありえない、、、、」と理解されがたいと思う。

    • Manila Bay Cafe の子供のいないウェイトレスに生中出ししなかったんですか?
      残念です。
      ぜひピルの服用はやめるように言っておいてください。
      プリの服用をやめたら連れて帰ると言うと喜ばれると思いますw

      > 100人中99人が「ある、ある、ある。当たり前すぎて読みたくもない」と納得すると思う。

      はい、全くその通りだと思います。
      フィリピンでは生中出しが当たり前。コンドームする方がおかしい文化です。

      そんな国に8年間毎月通っても、一度も生中出しできない人間がいるとは、
      信じてもらえなくて当然ですよねwww

      そう、ありえるわけがないんです、そんな人間は。
      寒汰という男以外ではww

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。