アトリウムホテル

アトリウムホテル

今から一年ほど前まで、寒汰はアトリウムホテルを常宿にしていた。

「俺が大きくしてやった」と思い込んでいるパサイの日本料理屋エダモト(仮称)が推奨するホテルだからである。

ちなみに、「エダモト(仮称)が大きくなったのは俺のおかげ」と豪語する日本人は最低10人はいる。

そのほとんどはただの常連客だったが、寒汰もその一人だった。

寒汰がエダモト(仮称)にしたことといえば、壊れた異常に臭いウォッシュレットを持ってきたことくらいである。

その壊れたウォッシュレットは凄まじく臭かったし、すぐに壊れたのでエダモト(仮称)にとって全くありがたくなかったが、

寒汰は自分がエダモト(仮称)の屋台骨を支えているのだと勘違いして、ことあるごとにエダモト(仮称)のマグロ子おばちゃん(仮称)が自分を特別扱いするよう要求した。

自己愛性人格障害者の寒汰は、どんな時でも「自分が特別」だと思い込み、自分が特別扱いされないと、子供のように暴れ回るのだった。

自己愛性人格障害

アトリウムホテルを常宿にしていた寒汰は、またしても勘違いし始めていた。

ただの客なのに、いつの間にか自分がアトリウムホテルにとって特別な存在であるかのように思い込むようになっていた。

さらに「アトリウムホテルが今あるのは俺のおかげ」とすら考えるようにすらなっていた。

そんな思考の人間が実在するはずがない、と読者のみなさんは思うかもしれない。

しかし、そのありえない思考をするのが、自己愛性人格障害の人間だった。

寒汰と一定期間、接した人間なら誰しも、寒汰の異常性に気づく。

寒汰のあまりの異常な言動には、夢でも見ているのかとさえ思う。それほどまでに寒汰の行動は常軌を逸していた。

この自己愛性人格障害の人間はそこまで狂った行動を起こすことがあるのだ。

セキュリティチェック

さて、一年前のある日、寒汰はアトリウムホテルのビルに入ろうとした。

入り口ではいつものようにセキュリティチェックを行っていた。

フィリピンでは(フィリピンに限らず途上国の多くでは)人の出入りが多い場所ではセキュリティチェックがあるのは当たり前である。

なお、アトリウムホテルは下半分がショッピングセンターであり、ここはアトリウムホテルとは直接関係がない。六本木ヒルズの警備とグランドハイアットホテルの警備が別なのと同様である。

アトリウムビルのセキュリティ(警備員)は、ごく普通のこととして、寒汰のカバンの中身をチェックしようとした。

しごく当たり前のことである。

そこで事件が起こった。

寒汰は突如怒鳴り散らしながら暴れだしたのだ。

「ホテルの客のカバンをチェックするとは無礼だ!」

これにはセキュリティもびっくりした。ホテルの客だろうが、誰であろうが、セキュリティチェックをするのは当たり前である。

そもそも、ここはショッピングセンターの入り口なのだ。アトリウムホテルの入り口は上の階なのである。

それに誰であろうとビルに入るからにはセキュリティチェックをするのはセキュリティとして当然の仕事だ。

しかし、寒汰は激しい声で怒り出し、暴れまわり始めた。

大騒ぎになり、とうとうアトリウムホテルのセキュリティまで上の階から駆けつけてきた。

すると寒汰は周囲の器物を破壊しながら叫んだ。

「俺、特別な客!だから俺には特別な対応をしろ!」

どうやら、常連客の自分にはセキュリティチェックなしという特別な対応をして当たり前だと寒汰は言いたかったようだ。

そんなことを言われても、アトリウムホテルとアトリウムビルのショッピングセンターは直接関係のないのだから、寒汰の言うことは、全く的はずれのゴネなのである。

特別な対応

結局、ホテル支配人がオーナーと相談した結果、寒汰には特別な対応がとられることとなった。

出入り禁止

特別な扱いを求めた寒汰は、確かにアトリウムホテルにとって歴史に残る特別な存在となった。

アトリウムホテルで出入り禁止とした客は寒汰が第一号であった。

「特別な客」扱いを求めていた寒汰は、願いどおりに特別な客となったのである。

豪伝説の数々

筆者も寒汰リークス協力者の方からこの話を聞いたとき、ネタかと思ったほどであるが、確認したところこれは事実であった。

考えれば、寒汰がマニラのカラオケ、バホレディー(仮名)で、「俺は特別な客(2回来たことがあるだけ)だから、持ち込み無料にしろ。フルーツの値段を1/3にしろ」とゴネたのも、同じ文脈であろう。(詳しくはカラオケ編を参照されたい)

カラオケ(KTV)ではついに逮捕されるに至った寒汰であったが、このアトリウムホテルでもその直前まで行ったようである。

寒汰のドケチ伝説、超悪臭伝説、無知伝説もすさまじかったが、さすがは寒汰氏、宿泊ホテルでもそれに匹敵する豪伝説をうちたてていてくれたのである。

かくして寒汰は愛してやまなかったアトリウムホテルに永遠に宿泊できない身分となったのである。

About plastictakata
暗黒の国フィリピンやパッツン天国タイでばら撒き、自主パト、凸凹するのが趣味の57歳のオサーンです

14 Responses to アトリウムホテル

  1. いも says:

    >今から一年ほど前まで、寒汰は
    >アトリウムホテルを常宿にしていた。

     7年経っても `初心者`のままですね。
    空港からの送迎、宿の手配、食事、
    みな 日本語で済み ホテルから
    徒歩3分のエダモト(仮称)なんでしょう。

    アトリウムホテル
    http://www.atriumhotel-manila.com/

     彼のアクセス上位注目の記事一位の記事、
    `フィリピン出入国関係書類の様式`
    JALPAKのパクリで そのまま。
    http://www.jalpak.co.jp/ed/asi/ph.html

    >`一期一会 PASAY周辺オキヤMAP`<

     これも多分 鬼山さん達のパクリで 外観画像のみ。
    パクリだから 純粋なカーサとKTVバーが混じってます。

     95C 、151Aが建物番号で 
    ZOBEL、 CASINO、 EDISONが 通りの名前からの通称と
    理解してない証拠ですね。
    (EDISON.st CASINO.st ZOBEL.st)

    更に 入った形跡なし!

    >上記GOGOバーで有名なところでは、<
    >マカティのBEL AIR VILLGEのブルゴス地区、
    >パサイ日本大使館に近いエッサコンプレックス(エドコン)、>パンパンガ州アンヘレスのバリバゴでしょう。<

     マカティ市Pブルゴス通りのバーが
    アヤラ財閥の開発した高級住宅街にあるのだそうです。
    (これ最初 読んだ時 爆笑)
    Bel-Air Village Association, Inc
    http://www.bavainc.com.ph/

    通常エドサ・コンプレックスと書くのがエッサ?
    EDSA International Entertainment Complex

     アンヘレス市のゴーゴーバーの半数近くは
    西隣のバランガイ・マラバニアスなんですが・・・

     脳内合成の賜物かな?
    買春しに行ってる筈なのに その形跡がないですね。

    >ウイークエンドの貴重な時間を、<
    >フィリピンの都市や田舎街を闊歩し、<

    って 日本語も怪しい・・・・

    • はい、寒汰はフィリピンに毎月通うようになってもう8年なんですが、未だに「初心者」ですww
      ホテルの手配などは全てエダモト(仮称)かB社のどちらかですww
      英語もタガログ語も一切できない男ですしw

      彼が大好きな入国カードのブログエントリは、JALPAKそのままのパクリだったんですね!
      これまた大爆笑ですねww
      この寒汰物語でも、いずれとりあげさせていただきますww

      パサイの置屋情報は、旧「あ・魔尼羅(マニラ)」(仮称)サイトのメンバーから通報がありました。
      ご指摘のとおり、寒汰は他のメンバーの情報をコピペしただけのようですw
      中身を全く理解せずにコピペしているので間違いだらけですねwww

      Pブルゴスがマカティの高級住宅街にあると思い込んでいるのも大爆笑ですねwww
      これも、寒汰物語で使わせていただきます。

      EDSAを「エッサ」と書くのは、それがフィリピンでの発音に近いと思っているようですね。
      しかし「エッサ」とは…ww 寒汰は二重子音を発音できない語学力のなさを思いっきり露呈していますねww

      アンヘレスのゴーゴーがバリバゴにしかないと思い込んでいるのも凄まじいですね。
      寒汰の地理感覚は常人の想像を絶するようですww

      全く経験もしないことをさも知ったかのように書くのが大得意の寒汰ですが、
      見る人がみればすぐに見抜けるんですけどね〜www

      彼の日本語はますます怪しくなってきていますね。
      まあ、脳内妄想しすぎていよいよ本格的に気が狂ってきたのだと思いますww

      • ぐーす says:

        EDSAがエッサに聞こえるという事は Can と Can’t は 100% 識別不能ですねw

      • ぐーすさん、

        はい、Can と Can’t の区別もつかないですし、母音がない子音は全て聞こえないのでしょうね。
        これで「俺、国際人!俺、イケテル!俺、偉い!」という神経が信じられませんw

        日本語の通じる環境から5分以上離れたら死んでしまう癖にww

  2. リード says:

    待ってました。 中々更新しないんで待ち疲れしてしまいました。 寒汰氏は凄いですね。 ホテルの出入り禁止なんて、リッチなロックミュージシャン並みですね。 
     

    • 大変お待たせしました。

      はい、ホテルの出入り禁止なんて、ロックミュージシャン並ですねww
      さすが我らのスーパースターは、やることが違います。

      アトリウムホテルで最初で最後の出入り禁止客になりそうですねwww
      さすが「特別な客」ですww

  3. 司馬井 太郎 says:

    へーすごいや。
    まだこんな化石みたいな事している日本人オヤジが居るんだ!

    • はい、常識を遥かに超えるオヤヂですよね。
      毎月フィリピンに通ってその辺をうろついていますので、出会ったときにはご注意ください。

      地の底から響いてくるような野太い声と、異常な臭さ、10年間一度も洗ったことのないフィッシングジャケットが目印です。
      よければ写真をお送りしますよww

  4. デバンガーZ says:

    「いも」氏の各種デバンクは素晴らしい!
    私ごときはハンドル名を変更しなければならないだろうwww

    • 「いも」さんは凄い人ですよ。
      ここでははっきり言えませんが、そんじょそこらのフィリピン嵌りの知ったかぶりオヤヂは
      裸足で逃げ出すレベルです。

      「いも」さんのお話を聞いていると
      寒汰はもちろんですが、ちまたで「フィリピンベテラン」と呼ばれてふんぞり返っている連中も
      実はとんでもない知ったかぶりだと分かってきます。

      ま、夜遊び系のブログを書いているような人のほぼ全員が知ったかぶりですよ。

  5. gaga says:

    フィリピンのベテランさんってフィリピンの夜遊びに「飽きたでしょ」ってよく言いますね。いくつになっても砂場で遊んでられません。

    よく在住者が危ないって言いますけど、ベテランさんたちはツーリストなんかに関わりたくありません。「金になるわけじゃなし、困ったときだけ助けてくれって言われるのが目に見える」そうです。

    私の知人でマカティの超高級ホテルの喫茶店でここでチェックインさせろと駄々を捏ねて「泊まらなくても結構」と言われて仕方なくレセプションに行った人がいますが、、、、本人、笑い話にしています。駄々捏ねて遊んでるようです。まぁ、ベテランさんですからこれ以上やると仕返しされるとか、使わなくて良いとか言われる前に笑顔で円満解決でしょう。

    アトリウムって有名ですが、何故有名なのでしょう?以前車で前を通って「ここだ有名なアトリウム」って言われましたが、全然ピンッと来ませんでした。

    • そうそう、在住者といっても、いろいろで、ツーリストが知り合い在住者なんて
      本当の在住者の中のかなり偏った層なんですよね。

      まともな人はあまりツーリストに関らないようにしているとも聞きます。

      > 使わなくて良いとか言われる前に笑顔で円満解決でしょう。

      綱引き具合が分かっているベテランならではの技ですね。ま、英語もタガログ語も堪能なのでしょう。

      一方、そういう人と同じ扱いをされたくて、無茶苦茶な駄々をこねる一方の寒汰は出入り禁止になるのですねwww

      アトリウムホテルが有名なのは以下の二点につきます

      • 値段が比較的安いこと
      • ネモトが紹介していること

      私も泊まったことありますが、値段なりにクォリティがチープなので、それっきり利用してないですね。

  6. enrique says:

    もう少しネタがたまったらサムタ抜きで小説化希望です!

    アトリウ出禁はマジですか?

    • アトリウム出禁はまじですよ。
      アトリウムホテルのスタッフに聞いてみると教えてくれますよ。

      というか、この寒汰物語、全部本当の話ですよ。

      まあ、さすがに寒汰の臭いでゴキブリまで逃げ出したとかは本当ではないですが
      基本的な話は全部本当ですよ。

      また、ここで書けないような本当の話もかなり入ってきてます。

      このアトリウム出禁以上のすごい話もたくさん入ってきてますよ。
      正直、私も寒汰がここまで異常だとは思ってませんでした。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。