知ったかぶりI – WiFi

読者のみなさん、まずは以下の文章を読んで感想をお聞かせください。

実際に旅行先で無線LANに接続する時に、汎用の IEEE802.11b対応機でいいのか?。ESS-IDやChannel が判ればそれだけで接続できるのか?WAPは?自動設定がDHCPでされるのか?静的なTCP/IP設定でも、そのまま使えるORMADAIXのプラグ アンドプレイが採用されているのか?か、実際に自分のPCを持ち込んだ時、グローバルローミングが、自分の利用してるブロバイダーからローミング 設定ソフト(GRIC Mobile OffceとかiPassコネクトとか)をダウンロードしたもので動作するのか、ソフトなしでもログイン機能があるのか?不明な点が多いわけで、国内ブロ バイダー別に考えるとチョット大掛かりな調べになりそうです。

この文章を読んでどう思いましたか?

  1. 筆者は WiFi の知識が豊富な知識人だ
  2. 何が書いてあるのかよく分からない
  3. 明らかに知ったかぶりの大嘘つきが書いている

正直に答えてください。

1. だと思った方、あなたは危ないです。詐欺師に騙される可能性があります。知らないものを知らないと言える勇気を身につけましょう。

2. だと思った方、正常です。

3. だと思った方、最も正しい選択です。

この上記の文章、寒汰が2004年7月9日に、かつて有名だったフィリピン夜遊びサイト「あ・魔尼羅(マニラ)」(仮称)に書き込んだものです。

内容はひどいものです。明らかな間違いだらけです。中身のほとんど全部が間違いです。

正確な知識のない人間が、ネットに書いてある文章を適当にコピペしただけのものだとすぐに分かります。

詳細な添削はこちらに書いておきましたが、このエントリでもいくつか書いてみましょう。

例えば、以下のような間違い、おかしなポイントがあります。緑色の文字が寒汰の書き込みで、それに続く行が解説になります。

  • ESS-ID
     

    • 通常は SSID と略して書きます。ESS-ID はマニュアルなど正式な文書でしか書きません。どこかのドキュメントからコピペしたきたのがモロバレです。
  • Channel が判ればそれだけで接続
    • ユーザ側では無線チャネルを意識する必要はありません。設定をしたことがある者ならこんな間違いは書きません。
  • WAPは?
    • WAP は WiFi とは関係のない技術です。WEPWPA のスペルミスでしょうが、これほど基本的な用語は一度でも設定したことのある人間なら間違いません。
  • 自動設定がDHCPでされるのか?
    • 自動設定されるから DHCP です。「DHCP で自動設定されない」というのは言葉の矛盾です。明らかに DHCP の意味を理解していません。
  • ORMADAIXのプラグ アンドプレイが採用
    • NOMADIX のスペルミスと思われる。冒頭のNが抜けてるあたり、完全にコピペミス。
    • こんなマイナーな技術(数年後には発売中止)を気にする人間は居ません。ネットから文章をコピペして知ったかぶりしているだけなので、何がリアルに必要かわかってないことを露呈している。
  • 国内ブロ バイダー別に考えると
    • 日本国内のプロバイダーは直接関係ありません。フィリピンのプロバイダを調べればよいだけです。英語の情報が全く読めないので、日本語情報だけ漁っていることが露呈しています。
  • チョット大掛かりな調べになりそうです
    • 全くわかっていないことを知ったかぶりして書いているだけなので、突っ込まれても困る。だからこういう言い訳をしているのがバレバレです。

WiFi の基本も全くわかってない人間が、ネットに転がってるマニュアルを適当に切り貼りしただけで知ったかぶりしているというのは普通の人には分かります。

ところが、この明らかな知ったかぶり文章なのに、「凄い!凄い!寒汰さんは WiFi のエキスパートだ!凄い!寒汰さんは頭がいい!」と勘違いする人間が、フィリピン周辺には居るのです。

そんな人間が、寒汰のような何も知らない人間を全知全能のスーパーヒーローにしたてあげてしまうのです。

もおだてなければ木に登りません。

1. を選択された方、激しく反省してください。知らないものを知らないと言えない、知らない言葉が出てくると分かったような気になってしまうあなたの弱い心が寒汰のようなとんでもない知ったかぶりを生み出してしまうのです。

ちなみに、この「あ・魔尼羅(マニラ)」(仮称)サイトでは、寒汰の上記の書き込みはそのままあっさりスルーされました。

さすが伝説の「あ・魔尼羅(マニラ)」(仮称)であった。寒汰の知ったかぶりは皆すぐに分かってしまったのでした。

寒汰はこの日、魔尼羅(マニラ)の日本食料理屋エダモト(仮称)で飲んでいた。

エダモト(仮称)のマグロ子おばちゃん(仮称)は寒汰が店に来ると途端に嫌そうな顔をしたが、彼女は寒汰を追い返せないある理由があった。

それを知って、わざわざ寒汰はエダモト(仮称)にやって来ていつも長時間粘っていくのである。

まさに営業妨害そのものであった。

寒汰は持ち込んだJINROを飲んでいた。

「おい、水と氷持ってこい!もちろん無料でな!俺、無料で酒を飲む!俺、節約家!俺、偉い!ゲヒヒヒヒヒ」

ネモトのおばちゃんは泣きそうな顔をしながら水と氷を店員に手配させた。

寒汰は相変わらず汚らしいゲップをしながらグビグビとJINROを飲んだ。

「ゲフー!フィリピンではフィリピンの酒を呑むのに限る!ゲヒヒヒヒ」

真露(JINRO)チャミスルはフィリピンの酒ではなく、韓国の国民酒だとは未だに知らない寒汰であった。

「おい!つまみを持ってこい!もちろん無料でな!ゲヒヒヒヒヒ」

寒汰に弱みを握られているエダモト(仮称)のマグロ子おばちゃん(仮称)は、目にうっすらと涙を浮かべながら大根おろしを持ってきた。

寒汰はそれを見て、

「お!高野ジアスターゼの大根おろしだな。俺、知恵オタク!ゲヒヒヒヒヒ!」

高野ジアスターゼなど存在せず、高峰譲吉のタカジアスターゼのことだった。高峰博士のタカジアスターゼがなぜ高野に変換されてしまうのか謎だが、そこはもはや寒汰(さむた)ワールドとしか言いようのない万人には理解不能な領域だった。

また、寒汰はその異常に浅はかで間違った知識しか持っていなかったが、どうも自分を知識人と勘違いしていて「俺、知恵オタク!」と意味不明の言葉を口走るのが癖になっていた。

運ばれてきた大根おろしとシラスを寒汰はグッチャグッチャと下品に食べ始めた。

相変わらず、汚らしい食べ方だった。

(※筆者も寒汰と二度ほど食事を一緒にしたことあるが、異常に汚らしい食べ方には非常に不快な思いをした。寒汰は他人のふりをしたくなる日本人筆頭である。)

周囲の人間が白い目で寒汰を見ていた。

それを感じたのか、寒汰が言った。

辺りの視線が来ているな。ゲヒヒヒヒヒ」

どうも「周囲の視線を集めている」と言いたいらしいが、寒汰の日本語は相変わらず壊れていた。もともとの低能に加えて最近は老化が激しいようである。

この凄まじい状況には、普段は頼りがいのある、あのエダモト(仮称)のマグロ子おばちゃん(仮称)が、困り果てた顔をして立ち尽くしていた。

(続く)

About plastictakata
暗黒の国フィリピンやパッツン天国タイでばら撒き、自主パト、凸凹するのが趣味の57歳のオサーンです

2 Responses to 知ったかぶりI – WiFi

  1. AC says:

    ほんとに何もわかってなさそうですねー。
    もちろんこの程度のことを知っていたからって偉いわけでもなんでもありませんけど。

    So, obviously he’s Mr. Know It All and everybody knows it? w

    • ACさん、

      正直言って私も最初は寒汰はもう少し分かって書いているのだと思ってました。
      しかしどうやら本当にまるっきり知ったかぶりのようです。

      Right! Anyone knows that he is Mr. Know-It-All!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。